バッハの森 レクチャーコンサート

手ふいごで奏でる

18世紀イタリアンオルガンの神秘なる響き!

木のぬくもりに響く

300年の年月を経たオリジナルオルガンの音色

 
 
 
2016年10月16日(日)
つくば バッハの森 つくば市東光台2-7-9
14時開演(13時半開場)
http://www.bach.or.jp/index.html
オルガン:宮本 とも子
カウンターテノール:望月 裕央
料金:2500円(当日3000円) 30名限定
主催:バッハの森
共催:日本クラヴィア協会
申し込み:umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)
使用楽器:18世紀様式オリジナルオルガン
       制作者不詳(トスカナ地方で製作)
       1段手鍵盤  プルダウンペダル  6Stop

奇跡的にイタリアから日本に運ばれたというトスカナ地方で作られたオリジナルオルガンの魅力ある音色を解説付でたっぷり味わっていただきます。今回、特に当時の音色を再現するため、手ふいごによる送風で演奏いたします。
現代に蘇るバロック時代のリアルな音色を是非お聴きください!
プログラム
■ Ms.B.226,8 ピストイア18世紀 作曲者不詳   
  Messa in Quinto Tuono 第5旋法のミサ曲 より  
	・Per l’Offertorio Toccata, Fuga		奉献の為のトッカータとフーガ
	・Elevazione					聖体奉挙
	・Post Communio				聖体拝領後
                     
■ Girolamo Frescobaldi (1583-1643) ジロラモ・フレスコバルディ
	Toccata Quinta				(トッカータ第2巻より)トッカータ第5旋法
	Capricccio III Sopra Il Cucco		「カッコー」のカプリチオ
	Toccata per l’Organo col contrabasso overo Pedale 低音ペダル付きトッカータ
 
■ Christian Erbach (1570-1635) クリスチアン・エアバッハ
	Magnificat primi toni			第1旋法のマグニフィカト(歌唱とオルガンの交唱)
 
■ Alessandro Grandi (ca.1575-1630) アレッサンドロ・グランディ                 
	Cantabo Domino				主に向かって歌え (カウンターテノールとオルガン)
 
■ Tarquinio Merula (1594/95-1665) タルクィニオ・メルーラ
	Intonazione cromatica del nono tono	第9旋法のイントネーション
 
■ Jakob Hassler (1569-ca.1622) ジェイコブ・ハスラー
	Fantasia noni toni				第9旋法のファンタジア

宮本 とも子(オルガン)
ニューイングランド音楽院及び同大学院を優等で卒業。後にオランダ政府給費生としてアムステルダム音楽院よりソリスト・ディプロマを得る。1980年オランダの歴史的名器オーストハウゼン(15世紀)の記録録音を依頼される。2003年米国LOFTよりCD「バッハ・オルガン作品集」、2010年浜松市楽器博物館よりCD「クラヴィコードの世界〜秘められた音楽領域を探る〜」(レコード芸術誌特選盤)が発売される。近年「バッハの森」でコラール・テキストを学ぶ。フェリス女学院大学及び同大学院音楽研究科教授。

望月 裕央(カウンターテノール)
横浜生まれ。洗足音楽大学声楽科卒業、同大学合唱音楽研究所修了。声楽を宮原昭吾、合唱指揮を川名佑一、グレゴリオ聖歌を橋本周子の各氏に師事。キリスト教音楽、日本の歌を中心にした演奏及び合唱指導活動に力を注いでいる。『ヴォーカルアンサンブル.カペラ』『オルガヌムアンサンブル.ムジカ.セルペンティス』創立メンバー。現在フォンスフローリス古楽院、ハーモニングミュージックスクール講師。

バッハの森 アクセス
つくばエクスプレス「研究学園駅」から
つくバス(作岡シャトル)利用約15分「 ゆかりの森」下車、徒歩5分程度



 http://www.bach.or.jp/index.htmlmailto:umeoka-gakki@nifty.comshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1