明日館 オリジナル楽器コンサートシリーズ 2016

数百年の時空を越えて今我々の前に現れた奇跡のオリジナル楽器達!

オリジナル楽器は現代楽器と何が違うのか?

当時の音色を継承する歴史的遺産の魅力と謎に探る!

東日本大震災復興支援コンサート with 明日館

今回は東日本大震災への寄付と共に九州熊本の地震被害への寄付もいたします

 
 

主催・連絡先:

  1. 目白古楽ネットワーク 梅岡

  2. umeoka-gakki@nifty.com

  3. http://umeokagakki.cocolog-nifty.com/blog/

共催: 重要文化財自由学園明日館

URL: http://jiyu.jp/

Address: 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-31-3



コンサート予定

第1回:

江黒真弓

 フォルテピアノコンサート

2016年4月28日(木)

  1. 明日館ラウンジホール/19時〜



第2回:

有田正広 クラヴィコード&フルート レクチャーコンサート

2016年6月16日(木)

  1. 明日館ラウンジホール/19時〜



第3回:

有田千代子

 チェンバロリサイタル

2016年10月27日(木)

  1. 明日館ラウンジホール/19時〜



第4回:

有田正広&有田千代子

 コンサート

2016年11月25日(金)

  1. 明日館ラウンジホール/19時〜




<提携コンサート>

浜松楽器博物館 展示オリジナル楽器 レクチャーコンサート

出演:宮本とも子

2016年8月6日(土)



つくば バッハの森  オリジナル・イタリアンパイプオルガン レクチャーコンサート

出演:宮本とも子

2016年10月16日(日)


 
 

第1回 2016年4月28日(木)

自由学園明日館 ラウンジホール(50席)

19時開演 3500円

  1. 若い世代の方にも支援活動に参加して頂ければと思いまして、半額の学生券を追加で20席ご用意いたしました。事前に学生券希望として申し込んで頂き当日学生券をご提示いただければ料金半額で入場頂けます(学生席を特別に用意いたします)。こちらも是非ご参加ください。


江黒真弓 フォルテピアノコンサート

19世紀ウィーンの音楽 ~憂愁の中の気品~

オリジナル楽器を使いヨーロッパで活躍する実力派久々の帰国公演

 

  1. オリジナルフォルテピアノ

  2.  Johann Georg Gröber (Insbruck 1820)


  3.  
     

  4. L.v.Beethoven (1770-1827)

  5.  ファンタジー op.77 (1809)

  6. J.N.Hummel (1778-1837)

  7.  ピアノソナタ op.20 (1807)

  8. C.M.v.Weber (1786-1826)

  9.  舞踏への勧誘 op.65 (1818)

  10. F.Schubert (1797-1828)

  11.  ピアノソナタ D845 (1825)


  12. 主催 : 目白古楽ネットワーク (梅岡) 

  13. 共催 : 自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

  14. 申込 : umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)


  15. <江黒真弓 プロフィール>

  16. ヨーロッパと日本を拠点に、積極的な演奏活動を行っている。

  17. 今までにユトレヒト古楽音楽祭(オランダ)、フリッツ・ノイマイヤーコレクション(ドイツ)、フレースハウスやAMUZ(ベルギー) 等にて行ったコンサートは、高く評価される。

  18. 日本では、ソロに加え、ナチュラルホルン奏者ヒルケ・ローゼマ氏とのコンサートツアーは、いずれも好評を得る。

  19. 2009年、ヒルケ・ローゼマ氏と、2012年にはタリア・アンサンブルのメンバーとして、2度にわたりIYAP国際古楽アンサンブルコンクール(ベルギー)にて、優秀アンサンブルのタイトルを得る。

  20. ケルーシュ宮殿(ポルトガル)でのソロとタリア・アンサンブルの演奏は、ポルトガルラジオ・アンテナ2にて放送された。

  21. 第一回高校生国際芸術コンクール最高位、及び朝日新聞社賞受賞。

  22. 桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学ピアノ科卒業。玉置善己氏に師事。在学中、有田正広氏の授業やコレクションに触れ、歴史的なピアノの音色に魅了される。その後 チェンバロを有田千代子氏に師事。

  23. 2003年、アムステルダム音楽院に留学。スタンリー・ホッホランド氏の指導の元、2009年修士号取得。ピート・クイケン氏のレッスンや、メノ・ファン・デルフト氏のクラヴィコードレッスンを受け、更に幅広く技術と演奏解釈を習得。2013年より2年間、アントワープ音楽院にて、フォルテピアノの指導を行った。

  24. 現在、ソロの他、タリア・アンサンブルのフォルテピアニストとして活躍する。

  25. http://www.egurodental.com/piano/holland.html

  26. http://www.mayumieguro.com/



第2回 2016年6月16日(木)

自由学園明日館 食堂ホール(50席)

19時開始 4000円


有田正広 レクチャーコンサート

オリジナル・クラヴィコードとオリジナル・フルートを巡る

名手・有田正広がオリジナル楽器の魅力と謎を演奏と共に解き明かす

  1.  

  2. オリジナルクラヴィコード

  3.  attributed to Schmahl, c.1790-1814?, Regensburg

  4. *このたび(2016.5.)この無銘クラヴィコードの製作者が、ほぼ特定されました。こちらから記事をご覧くださいませ!

  5.  

  6. 18世紀オリジナルフルートの数々

  7. (1)Beaulieu, Jacques Roger de (c.1660–c.1725)  Versaille

  8.  “Le member de I’Ecuric”  1685 (acc to M.Benoit)

  9.  黒檀 銀マウント 1キー A=394Hz c.1710

  10. (2)Stanesby Junior, Thomas (1692–1754) London

  11.  (a)黒壇 象牙マウント 銀1キー A=415Hz c.1725

  12.  (b)象牙 銀マウント 1キー A=413Hz c.1730

  13. (3)Quantz, Johann Joachim (1697–1773) Dresden or Berlin

  14.  ツゲ(赤茶に着色) 象牙マウント 銀2キー(D#/E♭) 7本の替管

  15.   恐らく1730年頃、パリからドレスデンに戻った頃の作。

  16.   1741年の肖像画の中に描かれた笛と考えられている。

  17. (4)Lot,Thomas (1708–1787) Paris

  18.  (a)ツゲ(赤こげ茶に着色) 象牙マウント 銀1キー 5本の替管 c.1735

  19.  (b)“La Flute d’amour” 材質は不明 恐らく楓?(こげ茶に着色)

  20.  象牙マウント 銀1キー A=420Hz c.1740

  21. (5)Scherer, Georg Heinrich (1703-1778) Butzbach

  22.  象牙 彫刻された銅に金メッキの1キ―(恐らくオリジナルでは無い)

  23.  3本の替管  c.1740

  24. (6)Delusse, Christophe (1720?–1789) Paris

  25.  ツゲ(薄く着色) 銀1キー A=420Hz  c.1760

  26. (7)Kirst, Friedrich Gabriel August (1750–1806) Potsdam

  27.  薄く着色されたツゲ 象牙マウント 銀1キー 4本の替管 c.1780

  28. (8)Grenser, Heinrich (1764–1817) Dresden

  29.  薄く着色されたツゲ 象牙マウント 真鍮8キー(オリジナルは6キー)

  30.  3本の替管 c.1790 - 95




  31. <Clavichord Programme>

  32. J.S.Bach (1685-1750)

  33.  Praeludium C-Dur, BWV846

  34. H.Purcell (1659-1695)

  35.  2 Minuets in a-minor (Z.649/650) (1689)

  36. W.A.Mozart (1756-1791)

  37.  Adagio für Glasharmonika C-Dur, K.356(617a)(1791)

  38. H.Purcell (1659-1695)

  39.  Ground in c-minor (Z.D221)(c.1690)

  40. J.Haydn (1732-1809)

  41.  Adagio e-moll, Hob.XVI:47 (from “7 sonaten”)

  42. C.Ph.E.Bach (1714-1788)

  43.  Abschied von meinem Silbermannischen Claviere in einem Rondo, Wt.66 (1781)

  44. <Flute Programme>

  45. J.M.Hotteterre <Le Romain> (1674-1763)

  46.  Eco (Echo!) (1708, Paris)

  47. J.M.Hotteterre <Le Romain> = M.Lambert

  48.  L’autre jour ma Cloris  (c.1720, Paris)

  49. G.Ph.Telemann (1681-1767)

  50.  12 Fantasien ~  (c.1732, Hamburg)

  51. J.S.Bach (1685-1750)

  52.  Solo (Partita) a-moll, BWV1013 ~  (c.1725, Leipzig)

  53. J.J.Quantz (1697-1773)

  54.  Capricen ~  (c.1750, Berlin)

  55. M.Blavet (1700-1768)

  56.  Recuiel ~  (c.1735 Paris)

  57. W.A.Mozart(1756-1791) = E.A.Müller(1767–1817)

  58.  Theme favorite de W.A.Mozart (1801, Berlin)


  59. 主催 : 目白古楽ネットワーク (梅岡) 

  60. 共催 : 自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

  61. 申込 : umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)



第3回 2016年10月27日(木)

自由学園明日館 食堂ホール(50席)

19時開演 5000円


有田千代子 チェンバロリサイタル

フランス・クラヴサン音楽

~J・Ph・ラモーとF・クープランの美の世界~

名工ファミリーRuckersの銘器で奏でるフランスクラヴサン音楽の神髄

  1.  

  2. オリジナルクラヴサン

  3.  Ruckers family, c.1630, Antwerpen

  4.  

  5. Jean-Philippe Rameau (1683-1764)

  6.  『新クラヴサン組曲集』から (c.1728 Paris)

  7. François Couperin (1668-1733)

  8.  『クラヴサン曲集第1巻』から、

  9.      第2オルドル (1713 Paris)

  10.  『クラヴサン曲集第4巻』から、

  11.      第25オルドル (1730 Paris)


  12. 主催 : 目白古楽ネットワーク (梅岡) 

  13. 共催 : 自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

  14. 申込 : umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)



第4回 2016年11月25日(金)

自由学園明日館 食堂ホール(50席)

19時開演 5000円


有田正広&有田千代子 コンサート

Ruckersチェンバロと18世紀フルートの銘器で奏でる

               親密な二重奏の世界

  1.  

  2. オリジナルクラヴサン

  3.  Ruckers family c.1630 Antwerpen

  4. & 18世紀オリジナルフルートの数々


  5. <曲目予定>

  6. G.Ph.Telemann(1681-1767)

  7.  メトディッシュ・ソナタ~ロ短調  TWV41:h3

  8. J.S.Bach(1685-1750)

  9.  フルートとオブリガート・チェンバロのためのソナタ

  10.                  イ長調 BWV1032

  11. G.F.Händel(1685-1759)

  12.  ソナタ ト長調 HWV363b

  13. P.Locatelli (1695-1764)

  14.  ソナタ ト短調

  15. C.Ph.E.Bach(1715-1788)

  16.  ソナタ ホ短調 Wt.124


  17. 主催 : 目白古楽ネットワーク (梅岡) 

  18. 共催 : 自由学園明日館 http://www.jiyu.jp/

  19. 申込 : umeoka-gakki@nifty.com(梅岡)

 

明日館 オリジナル楽器コンサートシリーズ 2016