受信機(レシーバー)

 

 マシンに乗せて使用するパーツの受信機です。プロポからの操作指令の電波をこれで受け取ってアンプやサーボにどういった動きをさせるか制御します。電動カーの場合は走行用バッテリーの電源を共用して電力を得て動作していますが(これをBECシステムとかいいます)、この方法だと多少の走行時間減少となってしまうので、別電源として小型バッテリーを使用したり単3電池4本(6ボルトで)用ホルダーを使用して電力を得る方法もあります。電動カーの場合は別電源方式を採用すると搭載スペース&重量増加といったデメリットもあります。通常は走行用バッテリーと共用したシステムで使用しているようですね。ただエンジンカーの場合はほぼ100%単3電池か専用の小型バッテリーを使用します。プロポのセットに付属されている物と、単品で販売されている物もあり、高価な物ほど小型軽量だったりします。電波の方式は当然プロポとあわせなきゃダメですがAMよりFM、FMよりPCM方式の方がノイズ等の妨害電波に対して強くなります。同じく27Mzhより40Mzhですね。

 

   これが受信機。最近は表面がカーボン調の物もありますね、あと金属皮膜だかなんとかいう処理(見た目はメッキみたいな感じ)をコーティングして受信機本体がノイズを拾わないようにしている製品もあります。

 赤いタグみたいな物がついてる小さな部品は「クリスタル」といいます。これで電波の周波数を検出して必ずプロポと受信機を同じ周波数のクリスタルにしなければいけません。クリスタルというだけあって中には水晶が入っています。え〜と水晶は電気を流すとある一定の周波数を(一定の周期?)発生するようでして、この性質を利用しています。身近な所では時計がそうですね、「クォーツ」とか書かれている時計は間違いなく水晶を使用して正確な間隔で針を作動させているわけです。画像のように「40.750Mzh」といった風に周波数が記載されています。衝撃には弱いので激しいクラッシュなどをして、その後の走行で変な動きをするようになった場合はマシンのダメージの他にクリスタルの損傷も考えて点検する必要もあります。

     

 

BACK   INDEX