アンダーネオン キット

 

 好き嫌いがはっきりと分かれているアンダーネオン(ってゆーかスポコン仕様の車とか)ですが、おいらも付けちゃいました。これは点滅パターンが10通りあるけど色はブルーのみのちょっと安めの製品。明るさを考えたら蛍光管のネオンの方がいいんだろうけど、耐久性とか考えたらLED式かな?って思ったので買ってみました。今回は面倒だったので作業中画像っていうより取り付け後の画像になってしまいましたが、だいたい「こんな感じ」っていうのは分かるかと思います。特別な工具類も必要なかったし、ジャッキがあれば個人での取り付けも十分可能ですね!

 


 取り付け前に点灯するかどうかの確認を部屋の中ですが、やってみました所なかなかいい感じに光っておりました。これはもう早く取り付けしたくなりましたね。
 

 左側にある細長い箱に入っていたです。ちなみに右側にある物体がこのネオンの本体で、本体にもLEDが付いてて点滅させた時に、どんなパターンかっていうのが分かるようになっています。配線の長さも十分あるのでワンボックス車のような大きな車でもそのまま大丈夫じゃないかな〜。 この時にある事に気がついていれば・・・  購入を考えている人は下の方の2枚の画像の様な加工を取り付け前のこの時点でやっておいた方がいいです。
 

 前側画像。つんちゃん号はほとんどタイラップでの取り付けをしました、まぁ冬に外すかどうするかって言う事もあるし、この方法の方がやりやすいっていうのもありましたが。アンダーカバーに小さな穴をあけてタイラップを通し、ネオンを固定、配線はアンダーカバー内を通せばオッケー。
 

 横側画像。本来はフロアパメルに取り付けかな?専用ステーとタッピングビスが付属していましたが、フロアに穴あけて水が侵入しないようにシーリングして・・・ なんて面倒なので手軽な取り付け方法、サイドステップの取り付け部分のステーの様になっている形状部分にタイラップで固定。コレでもしっかり付きました。分かり難いかな?画像上の方がサイドステップで、ネオンすぐ下の方にジャッキアップしたりする耳の部分があるのが見えますか?多少ずらさないとジャッキアップやリフトにも上げられなくなるので注意です。
 

 後ろ画像。後ろはバンパーの形状上、ネオンは両サイドの固定は出来そうですが中央が固定できなかったので(曲面形状の為)フロアパネルに両面テープで固定しました。フロアパネルとバックパネルの溶接ポイントがちょうどいい感じに取り付けできそうな形状になっていたです。マフラーの熱で溶けないか心配だったのでネオンにアルミテープを巻いて対策してみましたが大丈夫でしょうか? ちなみにリア用の配線はフロアの淵を通してサイド用とフロント用と一緒にまとめて室内に通してもいいですが、リア用の場合、スペアタイヤの所のグロメット(ゴムのフタみたいなヤツがあるでしょ)に切れ込みいれてそこから配線を通して水が浸入しないようにシーリングしました。まぁ どっちでもいいんでしょうけど。
 

 以前ZAKIさん号がウーファーの振動に合わせてビリビリとリアのネオンが振動していましたが、あれってネオン本体じゃなく中の基盤部分がネオンのアクリル管チューブに振動で当って音が出ていたのでは?って感じでした。つんちゃん号はエンジン回転数(2700rpm付近で)ビリビリ異音発生しましたです。って事で対策してみました、このコーナーの6連メーターパネルに登場した「グルーガン」で中に樹脂流して基盤の固定を試みたです。ドリルで5mmくらいの穴開ければ何とか作業できました。ネオンつける前に気が付けばよかったんですけどね。
 

 中央部分が樹脂を流して固まった辺り。本当なら裏と表をガッチリ固定してあげればいいのでしょうが、また外して作業する程ビリビリ音も気にならなかったので表側部分だけ、1本につき3箇所ずつやってみました、たまに音発生しますが一瞬なのでだいぶん改善されたみたいですね。
 
 このあとは配線を室内に引き込む作業ですが、つんちゃん号は電源コードは純正フォグランプの配線から取りました。今つけてる社外フォグは専用配線を使っているので純正フォグのコードが余っているので使用、でもこの方法だとスモール付けてフォグのスイッチ入れないと電源が入らない為使用できませんけどね。コントローラ本体への配線はフェンダーライナー(フェンダーについてるプラスチックのカバーね、タイヤハウス内の)の後ろ側部分のプラスチックピンを外してドアヒンジが何とか見えるくらいまでめくって見ましょう。ドアヒンジ付近にパワーウィンドー用電源コードとかが通ってる黒いジャバラ状のゴム製ホースが見えるでしょうか?そこに切れ込みを入れてネオン用配線を通せば室内に簡単に通せるはずです。他にも通せる場所はありますが、一般的な場所っていったらコレでしょうか?運転席側なら右足元側の内張り、助手席側なら左足元の内張りを外せば通した配線がニョキっと入ってきてるのが見えると思います。 その後は好きなようにコントローラの位置を考えながら配線を束ねたりしてみてくださいね。

 

BACK   INDEX