スポイラー修理

 

 友達がフロントスポイラーを割ってしまったので・・・ ってゆーか4分割になってるんですけどね、普通ならこんな割れ方しちゃうと修復不可能と板金屋さんにも言われるんでしょうけどね。でもやろうと思えばこのやり方でも修復可能だったりします、FRPならもっとラクに直せるんですが樹脂エアロだったため針金での補強としました。

 

 みごとにバラバラになったフロントスポイラーです。この製品の使用してる樹脂はなんでしょうね?書かれてなかったので分かりませんが、熱を加えると蒸発するような感じでした。実は溶かしながらくっつけていこうかと考えていたのですが・・・ 樹脂には熱可逆性樹脂とか熱可塑性樹脂とか、いろいろ性質の異なった物があるので難しいですね。普通に考えると、こんな状態なら修理より新品を購入した方が安く済むんでしょうけど。
   
 特にこの部分は面白い割れ方をしちゃってます。ギザギザに割れてるんですが、偶然なんでしょうか?
   
 最初に使ったのはこれです。本当はこの手の修理用に大きなホッチキスのような製品も売っていて、バツンバツン打ち込んでいって貼り合わせるんですが、予算の関係でドリルと針金で代用です。ドリルで穴を開けていき、適当な大きさに「コの字」型に曲げた針金を差し込んで、裏の方で縛っていきます。
   
 こんな感じで修理していきます。しっかりと針金を縛っていけばかなり頑丈になるんです。時間さえあれば針金の分の厚みを考えて筋を掘り込んでいけば修復後の表面の針金の分の出っ張りもなくなるんですけどね、今回は場所が多すぎるので普通に修理です。
   
 手術のような感じにも見えますが、縛っていく感覚はカンですかね? 強度が必要かと思える部分はガッチリと感覚を狭くしてたくさん縛っておけば間違いないでしょう。もうこの状態でも十分な強度が保てていて、持ち上げてもズレたりせず元々の弾力性の分のしなりも十分のようです。黒い針金だったらこれで終了としても十分かな?って感じですね、とりあえず直ればいいって考えの場合なら。
   
 中央あたりもこんな感じで、とりあえず見た目上は割れたパーツ全ての貼り付け完了です。
   
 一応、念のために裏側にはFRPを使って補強。あまり使いすぎると重たくなってしまうので、1枚だけを使用し、接着用の樹脂もなるべく少なめにしておきました。ここまでは家で作業したんですが・・・ 最近外は風が意外と強かったりしまして、外で(当然家の中じゃ無理)パテ研ぎをした時の粉が自分の車とかそこら中に散布状態となりよくないと思ったので会社に持っていきました。
   
 で、昼休みとか仕事が終わってから作業しております。まずは表面に出っ張った針金と、割れた部分の傷を見えないようにするためにパテを盛り付けます。その下準備としてサンドペーパーでゴシゴシ表面に細かいキズをつけていきましょう。通常、「足づけ」とか言って塗装関係では基本の作業。細かいキズをつけていく事によって、パテや塗料が食い込むような?感覚となり剥がれにくくなるのです。ツルツルした表面のままだと、衝撃などで意外と簡単に剥がれてしまう事もありますので。これはプラモデル製作でも同じ事。パテならかなり荒いペーパーでも問題ないですが、塗装だけの部分は400番以上の細かいペーパーの方がいいかな?あまり荒いと塗った後でペーパーの細かいキズが残ったように見えてしまう事もあるので。細かすぎても足づけの意味がなくなっちゃうんですけどね。
   
 樹脂の場合はパテ付けの前に「PPプライマー」などの密着を強化するスプレーを塗布するとより効果的ですが、無い場合はしっかりと脱脂&汚れを落としましょう。できれはバンパーなどの場合で多少厚く盛り付ける時は「ファイバーパテ」といってガラス繊維(要するにFRPのクズを混ぜたようなパテ)などを使用したタイプがいいかもです。割れにくくて分厚く盛り付けもしやすいからです。でも重たくなるので、できるだけ最小限の量の方がいいです。今回はより軽量&強度のある炭素繊維を使用した、通称カーボンファイバーパテを使用。色は黒くはないけど灰色っぽいです。でもこのパテ、粉を吸い込むと微妙にのどが変な感じになるので好きじゃないんですけどね。
   
 1度パテ研ぎをして、細かい気泡の穴や失敗した部分、微妙に凸凹になってしまっても全体を薄くパテ盛りしてまた研ぎましょう。面倒ですが修復面積が広い場合は、全体的に薄く盛り付けしてから研いでいった方が結果としては綺麗に仕上がったりするもんです。部分的にチョコチョコパテ盛りしても、研ぐ時に周辺も多少研がさってしまったりして、かえって低くなりすぎたりしちゃいます。まぁ、慣れれば大丈夫ですけどね。 特に今回のスポイラーのように細長い物の場合はネジレた時の事を考えたらやっぱ厚く盛り付けない方がいいでしょうね。針金の出っ張りがギリギリ隠れる程度の盛り付けにしておきました。
   
 パテ研ぎが完了したら、次は下地塗装です。プラサフ(プライマー・サフェーサーとかいいます)塗装です。そのまま色を塗っても問題ないんですが、ここはしっかりとやっておきましょう。これも塗料のくい付きを良くしたりペーパーの細かい研ぎキズを消してくれたり、鉄板に塗ると多少の防錆&防腐効果もあるようです。プラサフが乾燥したら800番程度のペーパーで軽く研いで足づけをして、綺麗に脱脂して塗装準備です。
   
 缶スプレーやエアブラシなど、いろいろ方法はありますがタレないように薄く何回かに分けて塗り重ねていきます。仕上げはクリアー塗装もしておきます。家の庭で塗装する場合は、できるだけ風の無い日で、周辺は新聞紙などでガッチリと塗料の飛散を防いでおきましょう。服装も汚れてもいいものを!
   
 まぁ、こんな感じでバラバラに割れたエアロの修理も完了しました。放置状態で乾燥させてたので画像ではホコリの混入も見えますが、超細かいペーパーがけをしてコンパウンドで磨いて仕上げれば見た目もよく仕上がるでしょうね。 光の反射具合で分かるかと思いますが、完璧平らにはならなかったようですね。微妙に波打ってるような仕上がりですが、これだけの損傷の修復だからいいでしょう。趣味で修理してるようなもんでしたから、今回は。

 結果としては多少の技術があれば、このくらいの破損でも修理可能です。部品が飛んでいってなくなっていたりした場合は、樹脂の板で加工&今回みたく針金で縫い合わせ・・・ FRP製のエアロならFRPでの修復をしてパテ整形って感じの修理方法となりますね。よくタイラップで応急修理とかしてる方もいますが、やっぱ見た目も綺麗にして乗りたいじゃないですか! カー用品店だけでなく最近はホームセンターでもこの手の修理アイテム関係が売られてるので、挑戦してみるのもいかがかと。最初は材料をそろえる金額もかかりますが、依頼があったりとかで何度も回数があるようなら元がとれるかと(笑)。 

 

BACK   INDEX