ライト特集

 

 今流行のLEDを使用したライトや、普通のバルブを使用したライトなどを特集してみました。個人的に趣味で集めたものなので、実用性のある物かどうか分かりませんが、「こんな感じだよ」っていうのがわかればと思って画像を撮ってみました。参考になるかどうか、購入を考えていたモノはこのくらいの明るさだよ〜とかが判断できるかと思うんですがね。

 

 まずは第1弾として、2本の比較テスト。どちらも小型なのでちょっとしたアイテムとして持って歩ける大きさだと思います。非常用とか車に積んでおくとか・・・

 上が「stylus3のストリームライト」、下が有名な「マグライト」
社製。今回は比較的小さめの2本。
   
 上の電池は珍しい?「単6電池」だとか、ストリームライトに
使用していて、単4電池よりちょっと短くて細いです。マグライ
トは単3電池2本使用です。
       

 マグライトの光量。マグライト社製の製品はレンズ部分を
回転させることで光をワイドにしたり、スポットにしたり調節で
きるので便利です。ただし、その光の広がり具合にはムラが
ありすぎて見にくい場合がありますがね。画像はスポット時。
   
 こちらはストリームライト。やっと開発&完成&市販化され
た白色LEDを使用したライトで、低消費電力や長寿命などの
メリットがあるようですがね。反射板など使わず、LEDが直接
点灯しているだけのシンプルなライトなので、このようにムラ
のない綺麗な光具合です。
       

 左がマグライトで、右がストリームライトを正面から撮影し
た画像。大きさの比較のつもりでしたが、あまり意味がなか
ったかな?でもLEDとバルブの光の色の違いは分かるでしょ
結論として?最近流行のLEDを使用したライトは、実際の

使用では意外と便利だったのでこれからもどんどん増えてい

く事でしょう。仕事で使用していたのはマグライトだったので

すが、電池の寿命の短さやバルブ切れが頻繁にある事から

これからはLED式を使う事になりますね。光の広がり具合を

調整できるマグライトもいいんですがね、エンジンルームを

照らす時にワイド側にしての使用は便利なんですが、光のム

ラになる広がり方はやはりダメですからね〜。反射板の構造

さえ変えればなんとかならないのでしょうか?

 

 つづいて第2弾。今回は6本と大量の比較テストとなりました。しかも今回はスペシャルモデルの2本があり、興味のある人は是非購入の検討を!? 実用性に関して、問題のある物もありましたが・・・

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=ボタン電池L736、3本、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 ちょっと青白い感じ、大きさの割りに大した物!

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 画像では真っ黒、実際は微妙に明るいです。
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単4電池、3本、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 スポット光が強め、小さな本体にして十分?

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 何とか対象物が分かる程度。夜道の散歩にも使用可能。
     

 ・携帯との大きさ比較
 ・使用電池=単3電池、3本、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 6個のLED使用、拡散率が高くかなり白く明るい!

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 ワイド光のため、遠くの照射にはちょっと弱い感じ。
     

 ・携帯との大きさ比較
 ・使用電池=単3電池、2本、合計3V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 スポット側に調整、電球らしいオレンジ光。ムラのある光。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 意外と暗いかも?実際はもうちょっと明るい感じ。
     

 ・携帯との大きさ比較
 ・使用電池=単4電池、6本、直列3本を2並列の合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 強力なスポット照射、黄緑光のLED。もう少しワイドでも・・・

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 実際に見ても、はっきりと明るいです。実用性十分!
     

 ・携帯との大きさ比較
 ・使用電池=CR123A(リチウム電池)、3本、合計9V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 超強力なスポット光、直視は危険。最強の明るさ!?

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 十分すぎる明かるさ、もっと遠くでもスポット光で明るいです
     
 第2弾特集のまとめ&詳しいコメントとして、記載してみましたので。また、光の具合は一応カメラと対象物の距離は同じにするのと、シャッタースピード&絞りもすべて固定して撮影したのでちゃんと比較になってるはずです。でも実際に人間の目で見たのとデジカメで写した画像との光の明るさ具合は微妙に違いますが、だいたい「こんな感じ」ってのが分かるかと思います。

@ 一番上からまとめてみましたので、まずはとても小さなこのライトから。キーホルダーサイズなので、どんな物にでも取り付けで  きますね。近くのものをちょっと照らすくらいなら十分使用できます。1個持っていても損はないでしょうね、カギと一緒につけて  おくとかね。ホームセンターで売ってます、いくらだったかな?900円くらいだったような・・・ 本体はアルミ製で滑り止めのロー  レット加工もあり、持つ部分はゴムグリップになっていて、小さいけど結構考えて作られてます。LEDならではの製品!?

A 上から2番目、携帯よりちょっと大きいくらいですがそれでも十分小さい本体はアルミ製。簡単な防水加工をされているようで、  ゴムパッキンもちゃんと入ってます。レンズ部分はちゃんと作られているのでスポット光です。大きさの割りに遠くまで光が届くの  で、散歩の時などで使用するのも可能でしょうね。これはランタンとしての機能もありましてね、レンズ部分のクリアブルーのカ  バーが前方にスライドして横方向に光が拡散(見た目は普通のランタンと同じ様になります)するはずなんですけどね。使用して  いるのが電球でなくLEDなので当然横方向への光の拡散率が少なく、あまり効果がないのが残念。構造上しかたありませんが

B この3本目のライトからは、長めで普通に「ペンライト」とか呼ばれている製品と同クラスの大きさの製品。普通に使用するなら  持ちやすく、ちょっとした場所にも置いておけるサイズなので1本持っていれば使用頻度は高いのでは?と思うサイズ。各社か  らもたくさん製品が出てます。さて本題に入ります。これは6個のLEDを使用している贅沢なライト。6個も付いてるのでかなり明  るく、広範囲を照らします。光もムラが全然なく暗闇ではかなり綺麗に見えることでしょうね。LEDは、ただ付いてるだけなので遠  くを照らすのはちょっと苦手。反射板で集光させてスポット側にでも調節できるようにすればかなり良かったんですがね。1つ欠  点があって、スイッチの接触不良があります。スイッチはねじ込みタイプ(マグライトとかと一緒)で、製品にもよりますがねじ込  むと接点が接触するタイプと緩めると点灯するタイプがありますよね。これは下の部分のフタ?をねじ込むと光るタイプなんで  すがこれが曲者で、点かなかったり暗かったりします。使い方の問題もありますがね、おいらは仕事でかなり頻繁に使用してい  たために起こったのかもしれませんが、それにしても耐久性はちょっと?なのかもしれません。

C 有名なマグライト社の製品。ブルーアルマイトの本体がかっこいいです。今回は光の画像がオレンジ過ぎてますが、これはバ  ルブの試用期間が長かったため性能的に落ちていたせいでしょう。このサイズのバルブはすぐに寿命がきてしまうのもバルブ  代がかかるのでどうかと思います。その点ではLEDにはとてもかないませんね。マグライト社には沢山サイズがあるので他の製  品は分かりませんが、この単3電池2本使用のライトはワイド・スポットともに光の感じにムラがありあまり綺麗には見えません。
  光具合が調節できるのは魅力的なんですけどね。

D 続いてはとてもかっこいいデザインのこの本体。今回の特集をやるきっかけと作った犯人?のライト。消費電力1WとLEDにし  ては多めですが「スーパーLED」とか言う様で、高輝度タイプの30倍の明るさとか書かれてますがね、実際どうなんでしょうね?
  ボタン式のスイッチで本体も耐久性がありそうなんで、現在はこれを仕事で使用してます。かっこいい本体でもそのうちキズだら  けになってしまう事でしょうが、今のところ問題なく使用できてます。光はとても明るいです、スポット感が強く遠くの物も明るく照  らすことができますがもう少しワイドでもよかったかな?と思ったりです。軽く黄色っぽい色の光ですが近くのものを照らすと明る  すぎてビックリです。今まで使用していたライトなんか比べ物にならないくらいでしたので。その分やっぱり近くの物を広範囲に  綺麗に照らせれるような反射板の構造だったらな〜って思います。車内での作業の場合だとちょっと不便な時もありますが、そ  れ以上にこの明るさは文句のつけようがないです。

E 現在おいらが持っている中で最強のライト。超高光度、消費電力5WのスーパーLED搭載。通常の高輝度タイプの50倍の明る  さって書かれてましたが、画像を見ていただければ分かるでしょうが他の製品とは全く明るさが違うでしょう! 直接見てしまうと  かなりの間、目の前に光の残像が残ってしまいます(車のヘッドライト、ハイビームくらいかな?)。室内での撮影画像では、完  全に露出オーバーで白飛びしてます。これもレンズの構造は多少のスポット寄りなんですが、超明るいせいでワイド光の様に周  辺全体が明るくなっています。遠くまではっきり光が届き、画像にはないですが20m暗い離れた所へも十分光が届いてました。
  アウトドアだけでなく、野外の遠くまで照らす必要がある作業では無敵でしょうね、この大きさにしては。そんな素晴らしいこのラ  イトにも欠点があって、連続点灯時間が約4時間と短いこと。使用電池が小さいので仕方がないのでしょうが、カメラなどに使用  されているリチウム電池の使用なので電池代もちょっとかかっちゃうかな? 実際は多少光具合にムラがあるんですがね、ム  ラというより反射板の構造上の光具合の段付き?みたいな感じのもの。AとDの室内画像の様な感じなんですが、今回写した  画像ではよく分かりませんでしたね。お値段もかなり高額で、比較的安くゲットできる可能性のあるネットオークションでも1万円  以上の値段でないと落札できなかったのがねぇ。マニアな人は買ってみるのもいいかも!満足感は十分ですよ。シュアファイア  ー製のライトはどうなんでしょうね?あれもかなり明るいようですが、いつかは買ってみたいかと。

 

 第3弾目の比較テスト。今回は3個のライトですが、1本は(シルバーのヤツ)第2弾テストの時と同じメーカーの「Super Fire」というシリーズの一番小さい物。詳しい事は後書き文で〜

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単3電池、4本、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 8LED時。8個の割に広がらない光で期待はずれ。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 光はそれなりに広がるけど、それでも暗めで期待はずれ。
↑ 上の製品が8個のLEDを使用し、切り替えで4個と8個の
  点灯ができるため右側画像の上が8個、下が4個点灯時

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 4LED時。普及型LED?なのか思ったより暗いです。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 これだけの距離がある場合4LED時では暗く使う機会なし
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単4電池、3本、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 かなりのスポット光!小さな本体にして十分な性能。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 この距離でもスポット光であまり広がらず、でも明るい!
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=ボタン電池、4個、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 本体の大きさからは予想外の明るい光、多少ワイドな光

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 画像では分かりにくいけど実際はぼんやり照らしてます!
     
 第3弾目のまとめです。このライト特集も3回目となり個人的には楽しんでますが、一体どれだけの人が興味持っているのかは不明です。面白かったりしてくれた場合は掲示板にでもカキコしてくれたら嬉しいですけどね。さて、今回も2回目と同じ様にカメラの設定は同じにしているので、2回目の画像との比較もできるかと思います。ただ外での画像は今回は木の葉っぱも枯れ落ち、雪が積もっているせいで街灯とかの光が反射して周辺が少し明るめなので正確な比較にはなってないかと思いますが・・・

@  この商品は8個のLEDを使用して4個と8個の点灯を調節できる商品です。似たような製品も出回っていま  すが3000〜4000前後の販売価格でしょうか?ヤフオクでもっと安く購入しましたが・・・ 結果としては期  待はずれでした。反射板の作りが悪いのかLEDが普及型のを使っているためか(間違いなく高輝度タイプで  はないと思う)暗いんですよね。超ワイドに光が広がるわけでもないし、ちょっとがっかりでした。暗闇で普通  に手元を照らす程度の使用環境なら問題なく使用できます。ただ8個点灯時でも思ったより電池の持ちがよ  く長時間の使用では威力を発揮してくれるでしょうね。今回の画像では上側が8LED点灯時で、下側が4LED
  点灯時の画像です。

A  輸入元は「サンジェルマン」というメーカー、「Super Fire]という製品。第2特集の時の5と6番目の物と同  じシリーズで、今回のが一番小さい物です。携帯との大きさ比較でも分かるように結構小さく持ち運びも邪魔  にならないし車に積んでイザという時に使用できるように車載用に購入してもいいでしょうね。これもヤフオク  で落札した物ですが、送料も含めて4000円以下で買えるはずです、発送が定形外も可能な出品者なら30
  00円前半で買えると思います。おすすめのメーカー&商品です。会社でも1個使用していますが今のところ
  問題なく使用でき、アルミ製本体のおかげで耐久性もバッチリなのでしょうね。ただちょっとスポット光で狭い  範囲を広く明るく照らしたい場合は不利になりますが、とても明るいので遠くまで明るく照らしてくれます。これ  は一つ持っていても満足できる商品ですよ(一つと言わず2個3個と・・・ マニアックに)。

B  ストリームライト社製、第1弾比較テストの細い方のライトと同じメーカーです。とても小さな本体ですが使  用している電池が4個で電圧が6Vと比較的高めの為か高輝度タイプのLEDを使用しているためか全長5.5
  センチほどのサイズからは想像できないほどの明るい光です。レンズ部分の反射板もちゃんと考えて設計さ  れているようで、実際に見た感じでは外でもかなり遠くまで照らしてくれます(画像ではわかりにくいのが残念
  です)。キーホルダータイプなので家や車のカギと一緒に取り付けておいて手元を照らすような使用環境では
  十分すぎるほどの明るさです。キーホルダーの作りもしっかりしているので外れてしまう事なんてないと思い
  ます。デザインがカッコよく衝動買い状態でしたが、結果は満足できる物ですがちょっと高価なのがね。

 

 待望の???第4弾テスト。今回も3個のライトです。簡単な説明からですが最初のはとても小さなLEDライト(これで3個目になりますね、小さいのは)、2個目は第1弾の時と同じ様なボールペンの様に細いタイプ。3個目はLEDでなく通常のバルブを使用したタイプです。

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=L736、3個、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 小さい割りに明るいけど輪郭状にムラのある光。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 画像だと分かりにくいが、肉眼でも程々の光でした。
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単6電池、3本、合計4.5V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 ホワッとした広がりのある光。このくらいの距離なら十分

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 こちらもテスト時のシャッター速度では確認出来ないほど。
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単3電池、4本、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 レンズの構造上スポット光で近距離だと周辺は暗め?

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り2.0
 実際はもっと遠くまでこのスポット光が明るく届きました。
     
 今回で4回目のテストが終了です。で、その結果報告から・・・

@この手の小さなライトって意外と好きだったりしましてね、それでヤフオクで探して落札した商品です。結構デザインもいいと思いません?小さいので入手しやすい価格だし、実際に車のカギなんかと一緒にぶら下げておくとそこそこ使い道があったりするので実はおすすめ商品だったりします。さてこちらはLEDタイプの製品。アルミの本体はかっこいいのですがレンズ部分に問題あり?でしょうかね。中身は反射板を使用したタイプでなく、レンズ(といってもプラスチック製)の形状が凸っぽい感じになっているみたいで、それでスポット光的な効果をもたせていますがね。はっきり分かる2重の輪郭状になってしまっています。外周部分の光もはっきりと切れているので近くのものを広範囲に照らすことが出来ません。かと言って多少の遠くを照らしてもスポット光のままで光が広がらずいまいちな感じです。デザインがかっこいいだけに残念でした。でもこれだけ小さいので持っていて損は無いですよ!

A第1弾特集のストリームライトの製品と同じ様なタイプのLEDペンライト。まさにペンライトと言う名前にふさわしく鉛筆やボールペンと同じ用に細いので便利です。これは「ブルーポイント製」で先端のLEDは交換できるのです。今のところブルーとパープル(一応UV色と書かれていましたが・・・)の3色があります。ただレンズ等使用しなく、LED自体が光るので遠くまでは光が届きませんね。むき出しでもそこそこ広がった光なので近くの物を照らすには便利です。テスト時のカメラの設定は第2弾の時から同じにしているので3枚目の5メートルからの距離の画像では明るさの具合はわかりませんが、肉眼ではかすかに光が見えました。でもこの距離だと実際の使用可能範囲をオーバーしていますね。

Bこれはバルブを使用したタイプですが、使い込んでいたのでバルブが焼け気味のままでした。新品ならもう少し白っぽい光かな?明るさももうちょっと明るかったのですが予備バルブがなかったので今回はちょっとオレンジっぽい光でしたね。レンズカットも遠くを照らすように設計されている用で、結構遠くまで光りが届きます。かといって手元を照らしても意外と広い範囲が明るいので、意外と使えるアイテムでした。取っ手もついているので持って歩くのにもいいです。

 

 ネタが増えたので第5弾ライト特集です。まず最初は某家電製品屋さんの景品だったミニミニLEDライト。2個目はヤフオクで見つけた小さなLEDを6個使用したタイプのライト。3個目はついに買ってしまったシュアファイアー製ライト、これはLEDではなくキセノンバルブを使用したタイプ。4個目はLEDを12個使用したランタン。今回からデジカメも替えたのでレンズの性能上、絞り値が前回までと違いますが・・・あまり差はないはずです。

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=ボタン電池、4個、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・電圧が高いおかげで小さいのに明るいです。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・LEDが直接むき出しだけの本体なので遠くまでは・・・?
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=CR123A、1個、合計3V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・6個LEDの割りに暗めだし広がらない光り方でした。
 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・LED部分に反射板があるのでかろうじて光が届きます。
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=CR123A、2個、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・電球なのでオレンジっぽいですが、とても明るいです。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・肉眼では文句なしの明るさです、反射板が高性能!
     

 ・携帯との大きさ比較画像
 ・使用電池=単3電池、4本、合計6V

 ・距離1.7m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・ランタンだけあって全体的に光が広がります。

 ・距離5m、シャッタースピード1秒、絞り3.3
 ・肉眼では少しですが全体的に光が広がっていました。
 今回は4個一気にテストしてみました。とっておきのライトもあります。

@ 景品でしたが、内容はライト本体に電池も入ってなおかつ予備に4個付属しながらプラスチックケース付でした。なかなか豪華な景品かな?とか思いましたが、実際の使用した感じは手元を照らすなら十分な明るさでした。LEDがそのまま光るタイプで反射板とかもついていない形状なので、遠くまでは光が届かないですけどね。とても小さな物の割りには大した性能でしょうね。ただスイッチが押してる間しか点灯させれないタイプなので、点灯させた状態で両手を使っての作業は出来ませんね?シンプルな形状ですが本体はアルミ製で仕上がりもいい感じ。4個直列で使ってる電池のおかげで明るいのでしょうね。

A 携帯と同じくらいの長さでLEDを6個も使ったライトって意外とないので買ってみました。小さいけど6個もLEDを使ってるから「結構イケルかも!?」って思っていたのですけどね、結果は大した事なかったです。実用上の最低限の電圧は確保していますが、やっぱり3V程度の電圧じゃ暗いんでしょうね?昇圧回路とか何もなしのそのまま状態だから仕方ないし価格に見合った性能かな、色とアルミ製本体のデザインはキレイですよね。小さくても滑り止め加工もされているので持ち歩いて使っても全然邪魔にならないし、さりげなく取り出して使うって方法もカッコいいですね。もう少し広がった光り方をしてくれれば良かったし、ストラップ等をつなげる穴とかも無いのでいまいちかな?ベルトに取り付けできるソフトケースは付属していたけど、そのままでも普通にポケットに入るサイズだから使わないし。

B とうとう買ってしまいました「シュアファイアー」製のライト。知らない人には全然何の事?って感じかも知れませんが、高価なのでよほどマニアでないと買う人はいないでしょうね。この小さなタイプでもねぇ〜、ちなみにスナップオンで取り扱いしていて14700円でした。ヤフオクで探せばもう少し安く買えるかもしれませんけどね。このメーカーの製品はこのくらいが普通の値段だったりしますです。今回の画像では写してませんが、ビックリするほど遠くまで明るく照らしてくれます、現在おいらが所有しているライトの中では1番ですね。単純にLEDは遠くまで光の届く製品は(性質上)ないので比べるのが間違いですが、レンズと反射板の形状のおかげで凄いですよ。無影なんとかかんとかって言う反射板の形状なのでムラの無いきれいな照らし方をしてくれます(近すぎるとスポットっぽい感じですが)。本体もかなりしっかりした作りなので耐久性も十分でしょうかね、キセノンバルブが切れた時のコストも気になるし、高価な電池を使用しているのに使用時間が短いのがシュアファイアー製品の唯一の欠点でしょうか。充電式のもあるので、そのタイプのライトを購入するのもいいですね。オプションでLED仕様にするユニットや高出力タイプの電球ユニットなど、予算があればいろいろ欲しいと思っちゃいますね、特に「高出力ユニット」なんてスゲ−とか。電池の消費も早いけど。

C ランタンなので番外編!?かな。12個のLEDを使って3個づつを4方向に分けて並べているので、一応広範囲を明るく照らしてくれます。5段階に明るさも変えれて便利ですが燃料を使用するタイプやハロゲン球や蛍光灯を使ったタイプより暗いですかね。ランタンにしては小さな本体なので、ちょっとした作業をする時の補助的な使い方ならいいですね。夜に車いじりしている時に使ったけど、2個3個と欲しくなります。充電タイプの単3電池が何本もあるのでこれを買いましたが本格的に作業用として使うならもっと大きなランタンの方がいいです。

 

第6弾〜へ
BACK   INDEX