内装を、いろいろ改造してみました。 パート1

 

 いろいろと物が増えてくると、インパネ周辺がゴチャゴチャとなってしまいますので・・・ 出来るだけお金かけないで綺麗に出来そうな事を考えてみました。FRPとかでパネルを作ってしまえば本格的でカッコいいと思いますが、今回も手元にあって安く出来そうな方法です。 メーターを増やしてしまったのと、シガーライターソケットの加工をしたかったので。

 

 さすがに車内での作業は出来なかったので、取り外して部屋の中で改造しました。 

 コンソールボックスの中にシガーライターソケットを仕込むのと、ちょっとしたランプをつけたいと思ってました。

   
 会社の先輩から貰ったソケットユニット。ソケットに差し込んだ用品をスイッチでオンオフできるタイプの製品なんですね。5個タイプもありますが、そんなに必要ないので3個タイプで十分かと思って。大抵は直接配線を電源配線につないで使っちゃってますので、そういった取り付け方をしたくない製品用にと考えました。純正のシガーライターソケットは一応使える状態なんですけどね。
   
 で、コンソールの中に入れました。底に穴をあけて配線を通して、その配線は純正シガーライター用配線につなげるだけです。あとは本体を両面テープで貼り付けるだけですから、比較的簡単な改造方法。でも小さなスペースとなってしまいますがCDも5枚くらいなら問題なく入れれるし、細かいものも問題なく収納できると思います。自分では携帯電話の充電ソケットとか、その程度しか使う目的はないのでフタを閉めておけば目立たないこの場所が良かったんです。スイッチだけを外に出して貼り付けとか、方法はいろいろでしょうけどね。長い配線は全部コンソールユニットの中にしまいこんでますが、サイドブレーキ等に干渉しないように束ねておかないと切れる可能性もありますので。
   
 ついでの改造として夜間走行中とか、あまり真っ暗なのも寂しいので小さなLEDライトをつけました。位置としてはだいたいパワーウインドースイッチあたりに付けて、前方を照らしてます。これもまたメーターやオーディオ周辺のライトアップ用イルミネーショングッズですが、純正用品のフットランプほど明るくないので通常使用でもまぶしくないと思って使ってみました。左右の貼り付けてるので、微妙に足元を青く照らしてくれます。シート下につければ広範囲を照らせますが、配線を可能な限り目立たなくしようと考えた結果です。この電源は作ったばかりの追加シガーライターソケットのスイッチでオンオフ出来るようにしてます。
   
 更新の事を考えたら一緒のページにしない方が良かったんですけどね。メーターを増やしたので取り付ける場所の追加改造です。もう何回もいじくりまわしてるのでボロボロのこのパネルですが・・・
   
 メーターパネルは、この「楽しく作ろう」ページの「6連メーターパネル」編で詳しく書いてますので。今回は3個分の追加です。元々は小物入れの部分に付けようと考えて、とりあえず借り付けを今回はホットボンドだけだと強度にも不安があるので(メーター3個分の重量がかかるので)「ヤツメ」ステーを作り固定。ヤツメもこの手の改造には使いやすい製品ですよね。 位置的にはこのあたりで決定、6連パネル部分はこのパネルの傾斜に合わせてナナメになってますが、今回もナナメにすると見にくくなってくるので直角に取付です。
   
 メーター奥の方にヤツメでステーを作ってネジで固定、でも振動対策として一応両面テープもヤツメに貼り付けて使用してます。チョット薄すぎるかな?と思う3連パネルですが、このパネルの上にS-AFCとRSMの2個のモニターを載せるので、大きく作りすぎるとかなり高い位置にモニター2個を付けなきゃならなくなるのでギリギリの寸法になってしまいました。
   
 裏側はごらんの通り、ヤツメでフレーム状に作って補強。中央のメーター取り付けボルトの穴を利用してここにも一応ヤツメで追加ステーを作っておきました。薄い3連パネルがメーターの重みで前後に揺れるので。
   
 今回購入したのは大森メーター製の外気温度計、これを中央に取り付けてます。で、左右のメーターは壊れたのが丁度2個あったのでダミーとして仮付け。でもダッシュに直接貼り付けしてる空燃比計を右側に取り付けしようと思ってるので、実際は残り1ヶ所となります。大森製ではないけどアナログの時計も売られてるので、それもいいかな〜 って考えてますけど。 こんな感じで一応の完成、微妙に空いてしまう隙間とかは、そのうち埋めて綺麗にしたいって感じ。全体的にカバーを作れば少しは純正っぽくスッキリしていいかな?
   
 ライトアップの画像。右上の空燃比計だけが大森メーター製じゃないのでパネルの色とかも違うのが残念ですけど。見やすい位置に空燃比計を付けておきたかったので仕方ないです。合計11個、1個ダミーで付けてますが、理想の戦闘機のコクピット程でないにしてもメーターがいっぱいで個人的には満足です。余分なすき間を埋めるかカバーを作るかして、ダッシュボードと一体化できればもう少し見た目も良くなるんですけどね。でもテーマとしての「配線を隠してゴチャゴチャさせない」ってのはバッチリかと。ナビモニター配線とレーダー探知機の電源配線が見えてしまってるんですけどね。52パイのメーターでもギリギリで灰皿部分に2個取り付けできますが、純正のシガーライター部分を使えなくすれば3個並べられそうです。ついでに言うと邪魔になるのがヒーターのコントロールパネル。配線を延長して違う場所につけるといっても、肝心の取り付け場所がないし・・・ 天井にはスペースが意外とありますけどね。
   
 こんなに付ける必要があるのか?って感じですが、他にはない改造と思って。メーターの種類自体はまだまだあるようですけどね、取り付け場所の確保が出来たら考えるかも。
   
 左側のナビモニターが意外と邪魔になってますが、専用ステーだと前に出すぎてるのでこれもヤツメか何かでダッシュに貼り付けるような感じで作ってしまえばいいかと。ついでにカバーも作ってダッシュと一体化してしまえば見た目も綺麗になります。そのまえに、この周辺のパネル自体を完全に自作してしまえばいいんですけどね。

 

BACK   INDEX