MGC製 M645とウィルソンLE(スペシャル仕様)

 

 本当はもう1丁ライフルがありますが、スコープ以外特に改造もしてないので写してません。以前はたくさん持っていたりもしましたが、最終的にハンドガンはこの2丁が生き残りましてね。まずM645の方は販売された時にも話題になったくらいフレーム表面の仕上がりの良さ(当時としては)と、例の「サイクロンバレル」ですよね。このサイクロンバレルなんて最近エアーガンを始めた人なんかは知らないんでしょうねぇ〜? 実銃の銃身にはライフリングとか言われてる銃口内部にナナメのミゾが入ってますよね、あのミゾ(正確には凸?)で発射時に銃弾を回転させながら飛ばして直進安定性を良くさせていますが。ガスガンの場合もホップアップ機構でBB弾を上向きに上がっていくようなスピンをかけて長距離まで飛ばす機構がありますが、それとは構造が全く違うのがサイクロンバレル。バレル内部にナナメにミゾを彫り、そのミゾに発射時のガスが通り竜巻の様に(大げさですが)回転しながらのガス圧が発生します。当然発射されたBB弾も回転しながらのガスに押し出されて回転します。BB弾自体を回転させるんじゃなく同時に発射されるガスの力で回転させるんですね。それで実弾の様に直進性を上げる・・・ といった意欲的な構造のバレルなんですが、それなりに効果もあったようで命中率も高いです。ただ発射時の気密性はいまいち?なんでしょうか、サバイバルゲームとかする時の長距離射撃になった時のパワーがいまいちな感じもしますが。でもいまだにお気に入りです。  
 もう1丁のウィルソンLEは、某雑誌の懸賞でしてね。通常モデルにどこだかのカスタム店で施工してる特殊なメッキ処理を施したスペシャルな1丁。画像じゃいまいち分かりませんが基本的には黒いメッキなんですが焼きいれ時の虹色?みたいなムラサキっていうか青っぽいっていうか・・・ 見る角度によって微妙に金属の質感が楽しめます。内部パーツはノーマルのままですが、それでも満足できる仕上がりになってますね。傷をつけたりするともったいないので、ほとんど使用してませんけど。

 

   
       
   
       
   
       
   
       
   

 

BACK   INDEX