LEDスポットランプ

 

 

 LEDでなんとなく作ってみました。アンダーネオンもいいけど、最近はスポットタイプの製品で4〜5個の丸い光が車のサイドを照らすってお洒落な感じの照明製品も増えてきましたが・・・ とりあえず自作してみました。まぁ、実際はアンダーネオンの様に下側につけるもよし、デイライトみたいにする事も簡単だし、室内も雰囲気あっていいかも!

 


 今回はこれだけしか用意してません。配線とLEDを必要な個数だけですが、本当は他に抵抗があった方がいいんですけどね。8セット作ろうと思ってるんで,これをあと8回繰り返しで作りました!LEDは仕様によって微妙に耐電圧なんかが違いますが、おいらが今回用意した物は直列接続(もちろん12Vバッテリーで)で4個でちょうどいい光の感じ、5個だと暗かったので結局4個直列接続で作ってみます。
 

 まずは適当な台の上に両面テープを貼って、その上にLEDを乗せます。こうすると逆さまでも倒れないんで作業が楽チンです。
 

 ホットガン(グルーガンともいう?)でLEDを接着。そうそう、基盤を買って付けた方が本当はいいんでしょうけど、誰にでもできてホームセンター等でも簡単に入手できる機材なんで。もちろんLEDは横に一列に並べたり、好きなデザインで。
 

 ハンダで接続、ホットガンで接着してますが、ハンダゴテの熱で溶け出してきますので素早くパパッとつけちゃいましょう。
 

 配線のハンダ付けが終わったら、またホットガンで配線部分を流し込んで盛り付け。実際、この方法だと基盤と違って振動にも強いし浸水にも強いです。見た目はダサイですが、車の下回りに貼り付けるんならこの程度でもいいんじゃないか?って思うし、自作だし・・・ ギャグでペットボトルのフタを使うのも楽しいですけどね。水やドロが直接かかる場所に取り付けするなら耐久性重視で!?。
 

 こんな感じになりました、ホットガンで固定してるので透明樹脂のおかげで全体が光ってます。画像ではナナメから写してますが、正面からみると結構明るいですよ。白色LEDを使ってバック用のフォグとかも作ってみたくなっちゃいました、そうなると室内照明も凝ったものを作ってみたくなったり・・・
 

 

BACK   INDEX