ケーニッヒ カウンタック

 

 「ケーニッヒ」って元々は何をメインにチューニングしていたか知りませんが(でもフェラーリ?)ランボルギーニも手がけていたんですねぇ。しかもプラモデルにまでなっているなんてさすがです。実車は他にジャガーとメルセデス?もあったかな、ポルシェもあったような気がしたので調べたら「シュトロゼック」でした。ケーニッヒを退社した人が入社したとか作ったとか? まぁそんなこんなでこのカウンタックバージョンの詳しい事は分かりませんが、ケーニッヒチューンの車で有名になったのは、やっぱりテスタロッサだったでしょうね!あのボディもカッコよくなってるし、なんといっても1000馬力(実際、そこまで出てるか疑問ですが)仕様のエンジンってのが話題になりました。
 ところで今回作ったこのカウンタック、ワインレッドにしたのですが・・・ 肝心の画像の方が綺麗に撮れてません。パールのきらきらした感じを表現するのがなかなか難しかったです。いやたぶん大きな画像で圧縮しない綺麗な状態の画像ならワインレッドの深くキラキラした感じが分かるんでしょうけど、画面開くのが重くなるので止めておいたんですよね。このモデルはフジミ模型製の精密な方のやつです。足回りやエンジン、そしてドアなんかも可動して意外と細かい作業が必要となり、作り応えのあるシリーズなんですよね!そんな作り応えのあるカウンタックでしたが、ホイールは純正みたいですね。実車もそうなんでしょうかね?

 

   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
     

 

BACK   INDEX