キズナックス

ヘッドライト リフレッシュ

 

 ヘッドライトのレンズが細かい擦り傷で曇っていたり、古くなってくると黄ばんできたりと・・・ 極端に酷い黄ばみになると車検で光度不足となり車検が通らなくなるといったトラブルもたま〜にあります。たいていはコンパウンドで磨いたり、中古のライト本体を探してきて交換といった方法をとってたりします。

 そんな古くなってきたレンズ表面の状態を復活させるのがこの「ヘッドライト リフレッシュ」と呼ばれる作業なんですね! 自動車用品店などで施工したり、こういったキットも売ってますし、カラーが数種類選んで塗るタイプの物も売られてますね。ただ今の車の樹脂レンズは表面にコーティングがされていて、基本的にはキズや黄ばみといった経年劣化を防ぐようにはなってるんですが、コーティングが剥がれると効果なくなります。ボディ用のワックスも一緒にかけてしまったり、こまめにコンパウンドかけしちゃうとコーティングも薄くなるのが速いのか?まぁ 詳しい事は状況によって様々でしょうが、コンパウンドで磨くだけでも基本的には綺麗になるでしょうね。ただ、その後の表面のツルツル具合を維持する事が出来なくなっちゃいます。元々のコーティングがない状態で樹脂(ポリカーボネイト等)が露出してしまうと直射日光が当たっての黄ばみや洗車してのふき取りキズなどが・・・ 少しずつ表面を劣化させてしまいます。そこでこの施工ではヘッドライトの樹脂用に専用に開発された硬度が高めのクリアー塗装も一緒にしてしまおう!といった方法を取ってます。ガラスレンズなら問題ないんですが、樹脂レンズの場合はシンナー等の溶剤の使用量によってレンズ表面を溶かして逆におかしくしてしまう可能性もあるので、樹脂に対応&強度の高い成分でのクリアー塗料を開発したようです。

 そんな訳で、会社ではおいらがキズナックス(QBケア)を作業しているので、練習もかねて自分のセリカを施工ついでに写真撮ってHPにアップしてみました。

 

 画像が小さめなので細部まで詳しく見えにくいかも知れませんが、ヘッドライトの表面が全体的に「黄ばんで」いるのが分かると思います。これを新品のように透明にするのが今回の作業。
   
 まず最初はサンドペーパーでの磨き作業から始まります。飛び石や洗車キズなどの細かいキズの取り除きも一緒に出来るのと、元々のコーティングを1度全てはがす必要があるからです。この時点で黄ばみは取り除かれてるんですが、最初からコンパウンドでなくサンドペーパーで擦るのは意外でしょうか? ただ最終的には3000〜4000番で仕上げます、最初は400番を使ってますけど。
   
 サンドペーパーでの新品時から塗布されてるコーティング剥がしが終了したら、さすがにそのままに出来ないのでコンパウンド研磨をします。多分普通に黄ばみを除去するのにコンパウンド研磨をした事がある人もいると思いますが・・・ ここまでは個人でも安く出来る状態ですね。 ただこの作業ではポリッシャーを使って完璧に磨きます。 見た目上は、この状態でもレンズは綺麗な透明になって見えるので十分に思うかもしれませんね。そしてクリアー塗装準備の為にマスキング。
   
 新たに表面にクリアーコーティングして耐久力を格段にアップさせます。しかもちゃんとプライマーの塗布は当然ですが、クリアー塗料は2液混合タイプで硬化後の硬度と寿命も、ちゃんとした板金塗装工場で修理したボディの塗装なんかと同程度となるですね。こういった手順と材料代も含めると多少工賃もかかると思うかもしれませんが、それでも中古品を探すより安く仕上がります。多分店舗によって設定金額も変わってると思うのでだいたいの目安として、左右の作業で1万円〜1万2千円くらいだと思います。作業時間は1時間チョットかな?といった感じです。 画像は塗装後に乾燥させている所。
   
 最終的にはクリアー塗装が乾燥したら、コンパウンドで磨いてツルツルに仕上げて完成。 あくまでもレンズ表面の施工なので、レンズ内側の汚れや深いキズ、ひび割れなんかは直りません。黄ばみや細かい擦り傷程度の修復しか出来ない作業ですがね、黄ばんだままのヘッドライトもいかにも古臭くみえてしまうので、気になる方はこういった作業がある事も知っておいて損はないかもしれませんね。コンパウンドを買ってきて磨くだけでも多少は復活しますが、気がつくとまた黄ばんできてしまいます。専用のクリアーコーティングが必要ですね。

 

BACK   INDEX