デジカメ入門

 

 以前から、たま〜に「デジカメってどんなのがいいの?」とか聞かれる事があったりしましてね。画素数が高いほどいいとか、ありますが欠点もあったりするので、好きな人は知ってるでしょうが購入を迷ってる人とかに参考になればと思って(HP更新のネタにもなるし)作ってみたページです。

 

   ・左画像に写ってる物が「CCD」と呼ばれているもの。フィルムを使わない代わりに風景(光)を撮り込んで電気信号に変換する為の装置。この中に超小さな「目」がたくさんあって、よく500万画素とか呼ばれている物は、このCCDの中に500万個の目(正確にはフォトダイオードっていいます)が入ってるって意味なんです。当然、数が多ければ多いほど細かく精細な写真ができるんですがね・・・
     
   ・普通のフィルムを使ったカメラの場合は、レンズから入った風景はシャッターを通してフィルムに写って感光しますが、デジカメの場合は「デジタル信号」に変換するために左画像の様な、いろんな作業をしてからメモリーカードへと画像データを記録します。このデジタル信号への変換&メモリへの書き込みが早ければ早いほど連写が得意だったりするデジカメとなるんですが、最近のデジカメは高画素数になっているために画像の情報量が多くてそうもいかないのでしょうか?でも早い機種もあるしなぁ〜。

 

 
 面倒だったので単純な画像となりましたが、「CDD」をイメージした場合は、こんな風になると思ってください。この黒丸が「1画素」とした場合のフォトダイオードで説明しようかと思っています。実際は数百万個も並んでいるのですけど。

 まず図1は縦横それぞれ10×6個の配列に対して図2は半分の5×3にしてみました。CCD本体の大きさも同じとしています。
 本体が同じ大きさの場合、図1の方が画素の数が多い分、風景を取り込む情報量が多くなり細かい部分まで精細に画像として保存ができるようになります。それで常に高画素競争が続いてるって訳ですね。最近は700万画素機が増えてきました!
 この高画素になった場合の欠点は・・・ 結構重要だったりするんですね。細かい画像になる分、処理に時間がかかりシャッターを押してから次の撮影までのタイムラグが長かったりする場合もあります。デジカメ本体にパソコンのメモリの様に一時的に保存するメモリを搭載している機種もありますが、メモリーカードへ保存されるまでのちょっとの時間が「待ち遠しい」時もあります。連写モードにしても枚数が少なかったり。 それから1画素あたりの大きさが小さくなれば小さいほど1画素で受け取れる画像の光の量が少ないので=感度低下となってしまい、薄暗い場所での撮影が難しくなったりします。これはカタログを見ると分かるんですが、たぶんCCDのスペックのあたりに書かれている「ISO」って欄。今の高画素機ってISOは50くらいなんですが、この数値が低いほど「低感度」となって暗い場所で撮影すると薄暗い画像になっちゃうんですね。オートモードで写してる場合は、カメラ側で自動的にシャッタースピードを遅めにしてくれたりストロボ発光したりするので気にならないかもしれませんが、シャッタースピードが遅くなればその分「手ぶれ」を起こしやすくなってピンボケ画像になりやすくなっちゃいます。上から2枚目画像の中の「アンプ」部分で受け取った光を増幅して感度を上げたようにするんですが、この電気的に感度を上げるとノイズも多くなりきれいな画像にならなくなっちゃうんですね。よくテレビで肝だめしなんかの撮影風景で暗い場所を写してる画面を見ると凄く細かい黄色や赤っぽい色とかいろんな物がチラチラ見えるのがわかるでしょうか?あれがノイズって厄介なヤツなんですね。デジカメのカタログに「ISO50/100/200/400」とかなってる場合は、基本的に普通の場合はISO50に固定されていますが暗い場所での撮影時のために、もっとアンプの方で増幅をして200や400まで出来ますよ!って意味の数値なんです。ちょっといいデジカメだと「ノイズリダクション」なんて機能があり、ノイズを除去できる機能付きもありますけどね。それから高画素でもCCDの大きさが大きくなるほど1画素あたりのサイズも大きく出来るので構造上感度も高くなります。ちなみに愛機D70はCCDのサイズをインチで表示してないんですが、23.7×15.6mmで総画素数631万画素、ISOは200から始まって250,320,400,500,640,800,1000,1250,1600と多く設定できます。大きなCCDなので高画素でも基本となる感度が200と結構感度良好なんです。このへんが一眼レフデジカメの利点で、コンパクト機には真似できない性能。小さなデジカメサイバーショットU10は6.65mm(1/2.7インチ)CCDで・・・ISOは書かれてません(汗)。昔使ってたキャメディアC2020が210万画素だったけどISO100、E10が400万画素2/3インチCCDとちょっと大きめだったけどISO80でした。
 
こんな感じで最近のデジカメは「暗い所が少し苦手傾向」ですが、それ以上に安くて高画質になってきてるのが魅力的ですよね!ただその分、キレイな画質で写した場合の画像1枚のデータサイズが多くなってしまうのでメモリーカードも容量の多い物を買っておかないとすぐ満杯になってしまいますけどね。ハガキや写真と同じ程度の大きさでしかプリントしないなら、あえて300万画素前後のデジカメを買っても十分かと。A4サイズにプリントすると細かい部分の写り具合に不満があるかもしれませんが、軽快な操作感はいいですよ。こんなふうに800万画素なんてのもありますが、予算があればこんな凄いデジカメだと細かくキレイな画質なので一眼レフデジカメに負けないくらいの写真ができますし、普通に使うなら安い物でも、今のデジカメはかなりキレイな画質になってるみたいなので十分なんですけどね、要は「使う用途に合わせて&自己満足できる物を!」って事ですか。

 

 
  次は肝心の電力源であるバッテリー。

 最初に左側から。これは単4電池、小型デジカメに使われている場合がほとんどですが、小さい分ちょっとだけ容量も少ないので動作時間に厳しい場合もありますね?充電タイプがお勧めですが、バッテリー切れになった場合でもコンビ二等でも売ってるので困りませんね。

 中央は単3タイプ。普通のデジカメにはこの単3を2本か4本使うタイプが一般的ですね。充電式の場合は容量の多い製品もあるので結構長い時間動作できたりします。こちらもコンビ二で買えるのでバッテリー切れになってもコンビにさえ見つかれば安心です。最近はデジカメ用とかパッケージに書かれている「ニッケル乾電池」や「オキシライド乾電池」等の「アルカリ乾電池」以外の製品が増えてきましたが、できればこの手の乾電池をお勧めします。デジカメってストロボの充電だけでなく、シャッター押した後の画像データ記録中の時に消費電力が激しくなったりするので、今までのアルカリ(安いマンガン乾電池は問題外)では性能不足になりがちで、電池の容量がまだ残っててもデジカメを動作させる電圧を維持できなくて使えなくなってしまいます。すぐ電池なくなるんだよね〜ってよく聞きません?原因は電池の特性にもあるんです、もちろん使い切ってなくなる場合もあります。

 最後に右側の、専用バッテリーを使うタイプ。デジカメのサイズに合わせた形状の薄型の物もありますが、たいていはリチウム式っていう(いいやつだとリチウムポリマーなんて物も)のニッカドやニッケル水素式より高容量に出来るタイプを使ってます。小型デジカメに使う場合はスリムで小さなサイズに出来る利点がありますが、この手のバッテリーは1個の値段が意外と高いので、予備バッテリーを買うのにも財布の中身と相談しなきゃです。当たり前ですがコンビニに行っても売ってないし・・・ 不便もありますが、この画像の様なタイプだと同じ形状のホルダーがありましてね、フィルム式カメラ等に使われているリチウム電池(1個で3Vの電圧があるのにとても小さな電池)をホルダーに装着してカメラに入れるって事も出来るタイプのデジカメもあります。ただこれは緊急用としてで、動作時間も短いようなので、やっぱりこの専用バッテリー式のデジカメを買う場合は予備バッテリーも1個は買っておいた方がいいです、旅先でバッテリー切れになったらこまりますから。

 

 
 こちらはメモリーカード、フィルムの代わりに写した画像を記録するための物で、デジカメにはこれが必要。種類もたくさんあって、1つのカードでも容量の少ないものから多いものまでたくさんあります。

 左はミニSDカード。これはたまたま使ってる携帯電話に付属していた物ですが、かなり小さいのでビックリですね。デジカメにはひとまわり大きな普通のSDカードなんでしょうが、それでも小さいので無くさないように数枚購入している場合は専用のケースが必需品ですね。

 中央は、おなじみのメモリースティック。縦長で独特の形をしてますが、音楽用として(デジカメでも使えますがね)開発されたマジックゲートタイプの色が白いタイプが個人的にカッコいいな〜って。これも半分くらいの長さのミニタイプが存在しています。

 右側はコンパクトフラッシュカード。メモリーカードの中では結構古くからあるのでサイズもちょっと大きめなので小型デジカメには使ってない機種がほとんどです。でもその大きさのおかげで超大容量タイプの物があったり、マイクロドライブといった超小型ハードディスクを内蔵した物まであります。特にこのマイクロドライブは凄いって思いましたけどね。コンパクトフラッシュ本体の大きさのままで中にハードディスクを内臓ですよ!容量も多く出来ますが・・・お値段も高いです。その代わりカードの交換なしで最高画質で写真とりまくれます。

 データの転送速度にも影響がありまして、連写性能にも影響します。これも種類や使ってるデジカメとメモリーカードのメーカーによって相性があるらしいので「これがいい!」とはいえないんですけどね。一応そういった事もあるって事を覚えておいてもいいかな?って。メモリは容量の少ないものをたくさん持ってても、いちいち交換しながらの撮影は面倒なので容量のある物を買うのがオススメかな。フィルムの様に交換する作業が楽しみな(慣れてる!?)人なら容量の少ない物を買って楽しむのもいいでしょうね。

 

 
 デジカメの大きさについて。一眼タイプは、はっきりいって本体が大きければレンズも大きいので荷物が増えますね。画像右下にあるのが単3電池なんですが大きさの比較になるでしょうか。レンズだけでも普通サイズのデジカメよりかなり大きいです。一眼は構造上1本のレンズで倍率を何倍にも変化させる事が出来ないので、数種類のレンズを購入しておく必要があったりしちゃいます。
 コンパクト機だと工学ズームは、相変わらず3倍程度しかありませんが、少し高めの本格的な機種になると10倍ズーム前後の機器もありますね。そんなにレンズ部分も飛び出すことなく高倍率を楽しめるので、ズームを重視した製品を考えるのもいいかもしれません。デジカメによってはレンズ前面にテレコンバータやワイドコンバータ等のレンズをつけて、もっとワイドな撮影や超望遠を出来るようにしてる物もあります。高倍率ズームが出来るデジカメはそれなりに大きくなってしまいます。
 数年前から薄型(イクシデジタルなんてデザインが良くて当初は品切れが続いてましたね)で小さい物が人気ですが、最近はその薄型にプラスして大画面液晶が人気のようです。高画素になった分、写した画像をきれいに確認出来たりするので液晶が大きくなるとそれだけ便利になりますからね。小さくて薄いデジカメはポケットに入れて持ち歩きができたり便利な反面、撮影時にボタンが使いにくかったり持ちにくかったり・・・ なかにはあるようですけど。たいてい長方形なデザインなので、持った時のホールド感がいまいちで指を引っ掛ける部分がなくて滑りやすかったりですかね?多少厚みがあって大きくてもしっかり握って持てる形のデジカメも使いやすくていいんじゃないかと、量販店に展示してあるデジカメを持ってみて、そのあたりのチェックも忘れずに。

 

 こんな感じでいろいろ書いてみましたが、結局は好きなメーカーや好きな形のデジカメを選ぶのが一番買っても満足出来るのでしょうね。

 CCDの方も画素数だけが良くても感度の事もあり、え〜となんだっけな?色の階調??とかなんとか、一つの色の明るい部分から暗い部分までの再現性など、なんか雑誌に書いてありましたが細かい部分を突き詰めると難しくなっちゃいますので。一眼レフ機の様な大型CCDの方が性能は上なんだけど、最近の小型機の600万や800万画素機でも髪の毛1本まで細かく表現できる場合は、プリントして比べても実際はCCDの差は分かりにくいって感じのようですね。メーカーによって、光のデータを画像データとして変換するソフトウェアやレンズの性能によって微妙に写した画質も違うみたいです。ただこれは、雑誌などで新製品の比較テストとかをしているレベルでの話なので、普通に使っててもどのデジカメを買ってもキレイに写りますよね!昔使ってたカシオのQV−100の画像を今見るとさすがにキレイとはいえませんが・・・  デジカメ本体の方で補間処理などをして実際の画素数以上にキレイに「見せる」ための事を出来る物もあるし、ハニカムCCDなんて専用の物もありますね。画素数が多ければいいって訳じゃないのが面白いところ。性能上の感度低下が問題、実際に夜に写真撮って見たらわかりますよ〜。レンズ自体の明るさも「F2.0〜」とか書かれてるのがそう。これも数値が低いほど明るいレンズなんですが昔からオリンパスのデジカメは明るいレンズだったんですがね、なんか最近は普通になっちゃいましたね。

 その他には、液晶モニターも本体に埋め込まれて固定されている物がほとんどですが、中にはヒンジを使って向きを変えられるタイプもありますね。これも使い方によってはかなり便利だったりします。液晶だけでなく展示品を触ってみてボタンの使いやすそうな物を選んだりするのもいいですね。電源を入れれる展示品の場合は実際に動作させてみた方がいいでしょう。オンにしてから使用可能になるまでの時間が短い方がいいし。どうしても電子機器の場合は「待ち時間」があったりしますが、これが長いと意外と使いにくいと感じてしまいます。起動させてから3〜5秒待たないと撮影できないなんて、シャッターチャンスを逃してしまいます。コンパクト機なんかはレンズ部分が2段になって出てくるタイプが最近は多いですが(使わない時は本体内に収まってスッキリするんですけどね!)ソレの出し入れの待ち時間、気にならない人は大丈夫だと思いますけど。ちなみに愛機D70は電源オンしてから0.2秒で使用可能になります、電源入れてすぐシャッターボタン押しても撮影できるくらいのレスポンスの良さでスムーズな使用ができて快適です。連写モードでなく通常モードの時に1枚写してすぐにシャッター押しても撮影できない待ち時間も、長いのは不便ですね。1秒くらいならいいですがあまりながいと、やっぱりシャッターチャンスを逃しちゃいます。シャッター半押しでのオートフォーカスも早い方がいいし・・・ とにかく動作が速い方が使ってて「これはいいデジカメだ!」って思えますよ。

 バッテリーとメモリーカードの方も、新しく買う場合は特に推薦もなく好きな物を買ってみるものいいですが、今使ってるデジカメから買い換える場合は、そのまま使えるように同じメモリーカードの種類かどうかでデジカメを選ぶ種類も限定されてきますね。おもちゃ関係で充電タイプの単3電池なんかを使っていれば単3を使ってるデジカメを買えば慣れてて使いやすいかもしれません。とはいってもバッテリーと充電器がセットになってる製品もありますが、別売りの場合はその分の余計な予算が減るので安く買えますよね。

 動画撮影できるデジカメのありますが、画質はあまり期待できないのが多いので・・・ それでも携帯の動画よりいいかな?でも最近の携帯も進化してますからねぇ。
 
 カタログに総画素数と有効画素数をありますが、総画素数ってのがCCDに入ってるフォトダイオードの数で、有効画素数っていうのがレンズの形状などの構造上の関係で実際に使用できる範囲っていうか写せる事が出来る部分の事らしいので有効画素数と書かれている部分の方が数値が少し少なくなっているようです。
 
 工学ズームとデジタルズームの違い。工学の方は、レンズを動かして倍率を変化させています。虫メガネでピントを合わせるような感じで、何枚も組み合わされてるレンズを動かして倍率を換えてます。多少は変わることもありますが、基本的に倍率を変えても画質は変わらないのが利点。それに対してデジタルズームは、その時に写ってる画像の周辺を切り取り、画面に合わせて拡大してるって感じの方法なので、倍率を上げれば上げるほど画質が荒くなってきます。画素数の低いデジカメほど荒くなりやすいです。高画素なデジカメの場合は、もともと細かくキレイな画質なので、1点を集中して拡大しても思っているほど悪くはならない感じなのですね。どっちにしてもデジタルズームを使うとザラザラした感じやカクカクした感じの画質になっちゃいます。そうそうパソコンで適当な画像を表示させて、それを拡大表示させたらドンドン画像が荒くなっていきますよね?デジタルズームはそれと同じ間隔です。遠くの物をアップで写す機会が多いならデジタルズームの倍率が多い機種よりも工学ズームが8〜12倍もある機種があるので、そういったデジカメを買ってみるとアップで撮ってもキレイなまま保存できますね。

 ホームページに掲載した使い道がないような場合は・・・ 携帯カメラでも十分!?かな。画像の表示を早くさせるためにサイズを軽く変換させたりするから、画質自体はどうせ悪くなっちゃいますからね。1ページに10枚画像があったとして、キレイな画質で表示させたいからと1枚1メガもある容量の画像だと表示もの待ち時間も大変になっちゃいますので。

 どんなに高性能なデジカメを持っていても、最終的にはプリンターの性能に影響しちゃいます。おいらも古いプリンターから新しい(買った当時は)プリンターに買い換えてプリントしてビックリしましたから。大きくキレイにプリントしたいなら、プリンターも思い切って最新型を買っちゃいましょう。昇華型熱転写方式のプリンターはとてもキレイにプリント出来ますが、今のインクジェット式も十分高性能です。 カメラ屋さんとかでもデジカメ画像のプリントをやってることだし・・・ でもいいプリンターは持ってて損はないかな。

 

BACK   INDEX