GAT−]105
AILE STRIKE GUNDAM

 

 1/100スケールシリーズの「エールストライクガンダム」です。実はこれ、キットをそのまま組んだだけなんですね。ガンプラ関係のプラモデルは昔から(一部の車プラモもありますが)色が着色された状態のパーツで構成されてましてね、そのまま組んでも意外といい感じになったりします。作った事がある人は当然知っているでしょうが、車やミリタリープラモ中心に作ってる人にすれば「すごいな〜」って思うかも!? どうです?何も色を塗らなくてもアニメそのままでしょう、そのうスミ入れとか細かい部分を塗装しますがね、今回はあえて何もしないままで画像を撮ってみました。

 さて、このガンダムは現在(このページ作った03.8.9時点)放送中の「ガンダムシード」のモノ。「地球連合軍が極秘裏に開発した5機のGAT−]シリーズの内、ザフトによる奪取作戦を免れた機体。ストライカーパックと呼ばれるバッテリー内蔵型の武装ユニットを換装する事で様々な戦闘局面に対応する事ができる。このシステムはGATシリーズではストライクガンダム独自の物であり、これにより戦闘中の武装の変更、稼働時間の延長を可能にしている。高出力のバーニアによる機動性とビームライフル、ビームサーベルを利用した、中・近距離の戦闘に適しているため、最も汎用性の高い形態。宇宙空間・重力下・水中での戦闘の主力にもなりえる機体である。」と書かれています。まぁ、主人公(キラ・ヤマト)の乗ってる機体って事ですね! アニメでは、ザフト軍アスラン・ザラの乗るイージスガンダムとの戦闘でイージスの自爆に巻き込まれ相打ちとなって大破してしまいましたが、その後修復され今度はムウ・ラ・フラガが操ることになりましたね。

 

   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       

 

 GAT−X105 AILE STRIKE GUNDAM : SPEC

・型式番号:GATー]105
・全高:17.72m
・重量:64.8t(ノーマル時)
     85.1t(エールストライカー装着時)
・武装

 「エールストライカー」(右側画像上から3枚目の赤い尾翼があるユニット)
 ストライクガンダム換装ユニットの1機。4機の高出力バーニアとビームサーベルを装着している中・近距離戦 用のストライカーで、宇宙空間における戦闘の主力となる装備。

 「イーゲルシュテルン(制式名称、75ミリ対空自動バルカン砲塔システム)」
 GATー]シリーズの頭部に(画像では見えませんが耳の部分にあります)共通して装備されているCIWS(クロ ーズ・イン・ウエポン・システム)。高性能の射撃指揮装置により目標の発見、追尾、射撃まで自動化されてい る。

 「ビームライフル」
 主武器。57ミリ高エネルギー砲で、PS装甲も破壊できる。

 「ビームサーベル」
 エールストライカーに装備されている(前方上側に2本白い棒があるでしょ?)斬撃用ビーム兵器。

 「シールド」
 主に実弾兵器には絶対の防御力を誇るPS(フェイズシフト)装甲の弱点であるビーム兵器をカバーする為の
 盾。表面に対ビームコーティングが施されている。

 「アーマーシュナイダー」(画像を撮り忘れました)
 ストライクガンダムの腰部に内蔵されているコンバットナイフ。フェイズシフト機能を有してはいないが、ザフト MSの装甲を容易に切断する硬度を持っている。 

 [フェイズシフト・システム装甲」
 活性時には色が変わり、ビーム兵器以外の攻撃をすべて跳ね返す、5機のガンダムだけがもつ特殊装甲。     

 

BACK   INDEX