ランチア 037 ラリー

 

 ラリーカーと言えば「ランチア」! 現在は残念ながら撤退してますが、昔はそうだったんですけどねぇ。インテグラーレもそうですが、このマルティニカラーがカッコいいです。え〜と、1982年にWRCのレギュレーションの関係でグループBカテゴリー用に開発されたのがこの037ラリーだったんですね。当時は4WDが・・・ アウディ クアトロが出てから採用するメーカーが多かった中、ミッドシップ&後輪駆動のレイアウトでもタイトルを取ったりかなり活躍したそうです。個人的にターボでなくスーパーチャージャーってのもお気に入りです。ホモロゲーション取得用に200台生産されて、市販車は大きなリアスポイラーがついてなかった気がします、後ろが見えないんでしょうね(笑)。4気筒の2000ccスーパーチャージャーで300馬力くらいだったようです。

 で、このプラモはハセガワ製。結構エンジンや足回りなど細かく作れるようになってたので、細部までジックリ製作を楽しめました。ただ、再販品でなく当時の物なのでデカールが固まってしまったのか、なかなか水に浸しても剥がれなかったのが苦労しました。多少の曲面もあるので大きなデカールは苦労しそうですが、デカール用の軟化剤(柔らかくする液体)を塗ってあげれば古くても問題なく貼れました。貼る前の白いボディの状態も市販車っぽくていい感じですね。

 

   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
BACK   INDEX