TOYOTA TS020 GT-one

 

 もう詳しい説明なんていらないでしょうが、カッコよかった「グループCカー」が廃止になってしまって寂しい思いをしてましたが、ついにこんなマシンまで登場してしまいました。元々は市販車改造クラスのグループA・B・Nといった数種類のクラスの一部として新たに誕生したみたいなんですが、GT-1とかなんとかネーミングをつけていましたねぇ。でも年々過激になってきて、DTMみたいになっていくかと思ったらこんなCカーもどき!?なデザインの市販車まで登場!たしか最低でも数台の市販車(ちゃんとナンバーつけて公道を走れる車ね)を生産しなきゃいけない「GT-1」レギュレーション、メルセデスやポルシェも似たようなカタチの車を作ってましたけどね。実際に実際に一般向けに販売された車両に乗ってインプレッションしてる雑誌の記事を立ち読みとかしましたが、記事の写真とかみてもレーシングカーをそのまま一般道を走らせてるだけじゃん!って感じでした。ただ実際は車高が低いし横幅もあるから峠とかより高速道路とかでぶっ飛ばした方が楽しいんでしょうね。
 さて今回はタミヤ製のこのプラモ。当然ながらいつもの様に精密に仕上げられていて作り応え満点です。いつものようにファイルサイズの関係上、軽くしたかったのでその分画像もちょっと悪いんですが、実際は細かい部分まで作られてて構造の勉強をするのに参考になります。作ってて初めてわかったんですが、箱型ボディをしてますが、足元(フロント部分)ってフォーミュラーカーのようにギュッと細くなってて空気の流れを無駄なく利用できるような構造になってるみたいです。冷却用のダクトなんかもよく考えられてる取りまわしになってて作ってて楽しい1台ですね。  そうそう以前東京に行った時に展示してある実車を見ましたが・・・ カッコよかったです。

 

   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
   
       
     

 

BACK   INDEX