TOP
/ 展覧会の企画

PRODUCE

 

 ART SPACEは、14年に渡るギャラリー運営(Gallery ART SPACE /1992年〜2005年)をもとに、展覧会やワークショップなどさまざまな企画を行ってきました。

 

 


ART SPACEが最近企画に関わった展覧会

2009-2010年に行った展示の記録写真

2006-2008年に行った展示の記録写真

 

2010年

Artists' Book Exhibition : Centre to Periphery
2010年5月8日〜5月21日
Japan Creative Centre(シンガポール)
 

在シンガポール日本大使館が運営するジャパン・クリエイティブ・センターで開催された、シンガポールと日本のブック・アート作家を紹介する展覧会。ART SPACEが海外で手がけた初めての企画で、日本側のキュレーション(18作家)と、会場全体の展示構成を行った。


作品画像

田尻幸子展「インスタレーション・ひかりのつぶII」 
2010年3月26日 〜4月4日
ギャラリー 水・土・木(東京・練馬) 


「スタッフ」と呼ばれるファイバー素材(石膏などに使用される)を空間に張り巡らせるインスタレーション作品などを制作する熊本在住の作家・田尻幸子による、古い民家のギャラリーでの展覧会。ART SPACEは会場の選定と印刷物の制作を行った。
作品画像
DANDANS at No Mans Lands 
2010年1月21日 〜1月31日
旧在日フランス大使館(東京・広尾)

2005年から活動を始めたアーティスト・グループ「団・DANS」の第6回展。フランス大使館の建て替えに伴い空になった内の一棟を使って36名の展示が行われた。「団・DANS」は、社会の中で機能するアートを掲げて、銀座・シャネル、六本木・日本ホームズ住宅展示場、目白・椿山荘など、ギャラリーなどではない場所での展覧会を企画してきた。ART SPACEは、2009年に結婚式場である椿山荘で開催した第5回展に続いてキュレーションを行っている。
*右の写真は小林雅子作品

http://www.dandans.jp/archiveDetail.php?exhibitionId=6

作品画像
2009年
写真公募展「川口百景」入選者作品展(2009)
2009年12月9日〜2010年1月11日
川口市立アートギャラリー・アトリア(埼玉・川口)

埼玉県の川口市が2008年と2009年の2年間にまたがって開催した写真コンクールの、2009年分入賞者作品展。ART SPACEは、審査員選定、公募要項作成から、公募、審査、ワークショップ企画、入賞者作品展および関連展の企画・運営まで、企画全般にわたり2年間関わった。

http://www.kawaguchi100k.info/winner/index.html

作品画像
THE LIBRARY―「本」になった美術
2009年10月24日〜12月20日
静岡アートギャラリー(静岡)

静岡アートギャラリーとART SPACEとの共同企画によって行われた展覧会。「本」をテーマに新たに制作された45名のブック・オブジェおよび、その内の7名に個展形式の展示を依頼して企画がなされた。静岡アートギャラリーはこの展覧会をもって閉館し、2010年に静岡市美術館として移転・開館した。

http://www.art.shizuoka-city.or.jp/program/20091024the_library/index.html

作品画像
真夏の夢 ―椿山荘―
2009年8月16日 〜8月30日
椿山荘(東京・目白)

アーティスト・グループ「団・DANS」の第5回展。かつては山縣有朋邸があった、歴史と伝統のある場所に位置する結婚式場・椿山荘の、二つの宴会場(ペガサスとギャラクシー)を含む一階部分と、茶室や三重塔を含む庭園全体を使って、46名の作品を展示。ART SPACEはペガサスおよび庭園部分のキュレーションを行った。

http://www.dandans.jp/archiveDetail.php?exhibitionId=5

作品画像
2008年
写真公募展「川口百景」入選者作品展(2008)
2008年12月10日〜12月21日
川口市立アートギャラリー・アトリア(埼玉・川口)

埼玉県川口市で行われた写真コンクールの2008年分入賞者作品。

http://www.kawaguchi100k.info/archive2008/winner/index.html

作品画像
いのちの法則
−生をひもとくための三つの書−

2008年6月7日(土)〜7月13日(日)
足利市立美術館(栃木・足利)

人の「生」という、古今の芸術が追い求めてきた永遠のテーマに対して、それぞれ独自の解釈と制作活動を続けてきた青野 文昭、タカユキオバナ、山本 基の3名がつくるインスタレーション・立体作品で構成された展覧会。 

*右の写真は青野文昭作品

作品画像
田尻幸子 展 −ほのかな軌跡−
2008年2月29日 (金)〜3月30日 (日)
アートスタジオ Dungeo(板橋)
不思議な造りの民家の地下室を使用したプライヴェート・ギャラリーのオープン展。完全アポイント制によって開催。
作品画像
2007
ブックアンデパンダン展
2007年
11月23日〜12月24日
芦屋市美術博物館(兵庫・芦屋)

「本」形式の作品・「本」をテーマにしたアート作品による大規模公募展。約270名が参加し、計約560点を展示。ART SPACEは企画の補助と展示設営などを担当。
作品画像
2006

『THE LIBRARY
2006年4月22日〜6月4日 
 足利市立美術館(栃木・足利)
2006年6月10日〜7月2日 
 多摩美術大学美術館(東京・多摩)

視覚表現の第一線で活動する20〜50歳代の日本の若手〜中堅作家計46名による、「本」の形態の造形作品で構成した展覧会で、2美術館を巡回。

*右の写真は多摩美術大学美術館での展示

作品画像

 


過去に企画した展覧会の一例(1992〜2002年)
Gallery ART SPACE 旧ホームページより