離婚手続きガイド
このサイトでは離婚に関する知識の情報提供と
当事務所で行うサービス内容の紹介をしております
離婚後の戸籍と氏
Topページ
当事務所
離婚で戸籍はこう変わる

例えば、山本さん(夫)と前田さん(妻)が婚姻して、新戸籍を編成し山本という氏を称した後、協議離婚した場合を考えてみます。
この場合、戸籍の筆頭者でない妻はその戸籍から抹消されます。
そして次の3つのいずれかを選択する事になります。

@婚姻前の氏に戻り(前田)、父の戸籍に入る
A婚姻前の氏に復氏した上で(前田)、新戸籍を作る
B離婚の際に称していた氏(山本)のまま、新戸籍を作る

Bを選択するには、離婚成立の日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届出」をする必要があります。


では、子供の戸籍と氏はどうなるでしょうか?
前の例で山本さん(夫)と前田さん(妻)に3歳の子がいたとして、協議離婚が成立し妻が子を引き取ったとします。
妻は婚姻前の氏に戻り、新しい戸籍を作りました。

この場合、子供は父の戸籍に残ったままとなり、当然に母と一緒の戸籍に載るわけではありません。
前田さん(母)が子供の氏を自分と同じにして自分の戸籍に入れたい場合は、親権者となっていれば家庭裁判所に
「子の氏の変更許可の審判」の申し立てをすることになります。
なにやら難しそうに思えるかもしれませんが、母が離婚後の自分の戸籍謄本と前の夫の戸籍謄本を添えて、家庭裁判所に
申し立てをすれば、ほとんどその日のうちに処理されます。

ただ、子が就学中の場合には氏を変えたほうがいいかどうかの判断が必要になります。


  目次
1.離婚の現状と基礎知識
2.離婚前に決める事
3 離婚後の戸籍と氏
4.離婚協議書
5.離婚に関する届出
6.法定離婚理由
7.国際離婚と内縁
8.当事務所のサービス内容