文字サイズは「中」でご覧下さい
悪徳商法・クーリングオフ
トップページへ
悪徳商法いろいろ
世の中にはいろいろは悪徳商法が存在します。
次はあたなが、「カモ」になるかも・・・
まずはどんな手口があるかを知ることで悪徳商法に巻き込まれないようにしましょう。
商法の種類 どんな手口か? 主な扱い商品
かたり商法 消防署や郵便局など公共機関からの訪問者を装う手口 消火器・ガス器具・電気機器
マルチ商法 知人や他人を組織に参加させたり、物の販売をさせると大きな利益が得られると言って再販売や紹介をさせる手口 入会金や高額な健康商品など
点検商法 無料点検と称して水質調査やダニ調査を行い、高価な浄水器や工事をさせられる手口 浄水器・ふとん・屋根工事
資格商法 全く社会的に認知されていない資格を「これからはこの資格ですよ」と受講を勧誘したり、公的資格を短期間で簡単に取得出来るかのように宣伝して受講させる手口 無名資格・公的資格
催眠商法 会場で集団心理を利用して、無料やプレゼントをして、最終的な高価な商品を売りつけられる手口 高価な羽根布団など
内職商法 「在宅勤務で高収入!」などの宣伝で高収入の仕事を紹介すると言われ、高価な商品や資格口座を契約させられる手口 パソコンや教材
DM商法 電話や手紙で「あなたが選ばれました」などと伝え喫茶店や営業所に呼び出し、高価な商品を買わされたり、契約させられたりする手口 高価な化粧品、英会話教材
エステティックサロンの契約
キャッチセールス 駅や街頭で「アンケート」「無料サービス」と声をかけて喫茶店や営業所に連れ込み、無理やり商品を買わされたり、契約させられたりする手口 高価な化粧品、英会話教材
エステティックサロンの契約
送りつけ商法 「世界遺産を守る」・「難民救済」等断りにくい内容で一方的に商品を送りつけて代金を請求される手口
良心につけこむ商品
悪霊商法 心の不安・信仰心につけこむ手口 開運の壷、印鑑、除霊など
もちろん、世の中全てが悪徳商法というわけではありませんが、必要ないものはキッパリを断る事が必要です。
契約する前によく考えて、その場で決めず冷静に行動することが必要です。
でも、契約してしまった・・・
という時は諦めず、かつ速やかに必要な行動を取って下さい。

対策その1 クーリング・オフ
クーリング・オフというのは消費者にとって不意打ち的な取引がなされた場合、消費者に「一定期間頭を冷やしてよく考える機会」
を与え、一定の期間内であれば無条件で契約の解除が出来る制度です。(特定商取引に関する法律 平成13年6月1日施行)

クーリング・オフが出来る場合は以下の通りです。

(1)契約したのが営業所、代理店、露店、一定期間にわたる商品展示会場以外の場所である
(2)法律で指定された商品やサービスである
(3)契約書を受け取った日から8日(マルチ商法や内職商法は20日)以内である

但し、次の場合はクーリング・オフ出来ません

(1)代金の総額が3,000円未満でかつ支払い済である場合
(2)消耗品を使用もくしは一部消費した場合
(3)消費者が自宅に業者を呼んだ場合
(4)購入者が法人である場合

クーリング・オフの仕方
クーリング・オフは契約書を受け取ってから8日以内(又は契約により20日以内)に必ず書面で行います。
電話など口頭で解約を申し出た場合は証拠が残らず、トラブルの原因となります。
書面はハガキや封書でもいいですが、「そんなハガキは受け取っていない!」と言われると証明が難しくなります。
「内容証明郵便」ですと、どんな内容の手紙をいつ相手に出したかを郵便局が証明してくれますので、最も確実で安心です。

よく誤解される内容として、8日間というのは契約の内容が記載されたものが交付されてからであり、契約をした日からではありません。
また、期間内にクーリング・オフの通知を発信すればよく、相手に到着する必要はありません。消印が期間内であれば有効です。

対策その2 消費者契約法
消費者と事業者では情報力・交渉力に格差があることから、消費者の不利益を是正し消費者の利益を守ることを目的に
平成13年4月1日施行された法律です。

こんな場合は契約の取り消しが出来ます
(1)販売時の説明が嘘だった
(2)絶対に儲かると聞いたのに・・・
(3)都合の悪いことを教えてくれなかった
(4)契約しないと帰らせてもらえない
このように消費者にいわゆる「誤認」があった場合や「困惑」があった場合は契約の取り消しが出来ます。


こんな場合は契約が無効になる

(1)損害賠償の責任を事業者が一切取らないとする条項は無効
(2)購入した物に普通は気づかない欠陥があっても修理や交換・損害賠償に応じないとする条項は無効
(3)事業者が消費者に違約金を請求する場合、通常の損害を超える部分は無効
(4)支払い延滞で事業者が消費者に損害金を請求する場合、年率14.6%を超える部分は無効

困惑したり勘違いして契約したと気づいた時から6ヶ月の間は契約の取り消しが出来ます。
また不当な契約条項もその部分のみが無効となります。

こんな場合はクーリング・オフ出来るの?消費者契約法に基づいて取り消しが出来るの?
という時はお気軽にご相談下さい。

ご相談はこちらから

内容証明
 あおき行政法務事務所
ご注意下さい!

最近特に被害の多いものに「オレオレ詐欺」「利用した覚えのない請求」があります。

「オレオレ詐欺」
息子や孫を装い高齢者宅に電話をかけ、指定した口座に振り込まして金をだまし取る手口です。
「交通事故にあった」や「付き合っている女性を妊娠させた」「借金を返さないと大変な事になる」
など、現実にありえる内容で高齢者を狙っています。

「利用した覚えのない請求」
利用した覚えがない架空の、有料アダルト番組の利用料、ツーショットダイヤル、ダイヤルQ2と
称する情報料、債権などを請求する文書が、電子メール、はがき、封書、電報で届くパターンです。

過去に自分が使った別事業者の請求と勘違いしたり、関わりたくなくて振り込んでしまったり、家族
が使ったと思いこんだりして、支払ってしまうケースがあります。


このような詐欺の犠牲にならないよう、身近な人に手口を教えてあげて下さい。
また、実際に請求があった場合には「国民生活生活センター」や行政書士などにご相談下さい