あおき行政法務事務所

介護事業立ち上げガイド

当事務所では、介護事業・介護ビジネスの立ち上げから開業後の運営サポートを専門に行っております。

介護ビジネスの立ち上げをお考えの方、是非当Webページをご覧ください 

介護ビジネスの立ち上げ
  
介護ビジネスの立ち上げ方
介護ビジネスの事業計画
介護保険制度の概要 介護保険制度について
介護保険の法律関係
介護保険法改正
介護事業の申請 居宅サービス(介護予防サービス)事業者指定申請
障害福祉サービス事業者指定申請
介護タクシー(4条・43条)福祉有償運送(78条)の許可申請
介護事業に関するご依頼 当事務所のサービス内容・料金
ご依頼・ご相談フォーム

 

介護保険の法律関係(契約)

1.「措置」から「契約」へ

2000年4月からの介護保険制度導入により、従来の行政による「措置」から利用者と介護サービス事業者間での「契約」という
形へと移行しました。
利用者が介護認定を受けた限度額の範囲で、必要とするサービスを選択し、介護サービス事業者と契約する形となったわけです。
ここで、契約とは「申し込み」と「承諾」合致することよって成立する法律行為です。
契約は法律効果の種類によって、売買契約・贈与・賃貸借・雇用・請負・委任などに分類することができ、民法では基本的な契約
の種類が定められていますが、介護保険法にいう契約は「準委任契約」となります。

契約は当事者の自由な意思によって行われる事(契約自由の原則)が前提ですが、介護保険サービス利用契約に関しては次の
様な特殊性があります。
(1) 利用者が高齢であり、その多くが加齢や精神上の障害によって、判断能力が低下したり、契約に関する情報が不十分である
(2) 提供されるサービスが福祉の理念に基づき、利用者の生命・健康及び生活を支援するもので、公的性質がある
(3) 利用者はサービスを受けなければ、生活を維持することが出来ない場合がある。

その為、法令・制度の趣旨によって「契約の自由」は次の様に制限されます。
(1) 相手方選択の自由 ・・・ 相手方を選ぶ自由は利用者側のみの自由であり、利用者側には原則ありません。
(2) 契約内容の自由  ・・・ 介護保険法によりサービス内容・単価などが規定されており、契約内容の自由は制限されます。
(3) 契約を締結する自由・・・ 利用者側のみの自由となり、事業者側は正当な事由が必要となります。
(4) 方法の自由     ・・・ 事業者はサービスを選択する為に必要な「事業者の情報」や「契約内容に関する重要事項」を記載し                                    た文書を交付し利用者側の同意を得る必要があります。

介護サービスにおける「利用者」「介護サービス事業者」「介護従事者」「保険者(市長村」の法律関係
保険者 − 利用者 利用者は保険料の支払い義務がある
保険者は要介護認定、介護サービスの提供義務
保険者 − 介護サービス事業者 保険者はサービス業者に、利用者に対する介護サービスの提供を委任
保険者はサービス事業者に報酬を支払う
介護サービス事業者 − 利用者 サービス事業者は利用者に介護サービスを提供
利用者はサービス事業者へ報酬(自己負担分)を支払う
介護従事者 −利用者 介護従事者は利用者に対し、善良な管理者としての注意義務あり
介護サービス事業者 −介護従事者 雇用契約・派遣労働

2.介護サービスの苦情

消費生活センターなどによせられる、利用者からの苦情は主に以下の内容です。
(1) 訪問介護などサービスの質に対する苦情
(2) ホームヘルパーなどサービス提供者への不信
(3) 事業者の経営体制への苦情
(4) 事故に対する対応への苦情

3.事業者指定取り消しの事例

(1)提供していない介護サービスの不正請求
(2)事業者の指定を不正に受けた
(3)虚偽の勤務体制一覧表を作成
(4)資格のない介護従事者による介護サービスでの不正請求
(5)事業所に在籍していないケアマネジャーの名前を使用した不正請求
(6)訪問介護事業所の人員を満たしていない場合

4.法務顧問の重要性

今後更に高齢化は進み、介護サービスの必要性は高まってきます。
現状、サービスの量として不足している地域が多い状態ですが、今後更に多くの民間企業の参入など予想され、市場原理が働きます。
その中で介護サービス事業者として利用者に対し、よりわかりやすい情報提供を行い、サービスの質の向上・均一化が必要となります。
又、事業者の指定取り消しなどを受けないためにも、介護保険・介護サービスに関する法律関係を十分に理解し、サービス従事者の
教育など対策を講じる必要があります。

一方、利用者と介護サービス事業者の契約関係は「消費者契約法」の適用範囲となります。
契約書作成上での問題、ホームヘルパー・事業者の法的立場・法的責任の範囲なども理解する必要があります。
また、広告・宣伝に関しては「景表法」への配慮も必要となります。
従業員との関係では労働基準法などに配慮した上で、労務管理を行う必要があります。

介護事業を行う上で、法律的な知識・対策無しには済まされない状況です。
弁護士や行政書士といった法律の専門家のうち、介護制度・介護事業に関する知識を持ったものを法務顧問として活用される事を
おすすめします。


介護事業に関するご相談・ご依頼はこちらから

お問い合わせ先
あおき行政法務事務所 代表 行政書士 青木博幸
住所 兵庫県尼崎市武庫元町1−4−5
TEL 06−6433−8451

介護事業立ち上げガイド トップページ
当事務所事務所トップページ