REPORT 1


いままでにも色々とトラブルはあったのですが、

ぜ〜んぶ忘れてしまいました。

(ほんとは思い出すのがめんどくさいだけ)

高速走ってたら突然 バキッ!ドガッ!

2001年3月のある日

 もうすぐ車検だな〜と思いながら気持ち良く高速を走ってると突然、車の底のほうから『バキッ!ドガッ!』とすごい音が聞こえ、「もしかしてミッションか?でも走ってるしなあ。」と思いつつパーキングに入りました。
おそるおそる車の下を覗き込んでみると、触媒の上あたりがベロンとめくれてました。「これは何か当たったな。」と思い、次の日早速ラガッツェで調べてもらいました。

こんなにめくれてました。

なんと!ドライブシャフトのラバーカップリングなるものが粉々に砕け散っているとのことでした。
つまり、砕け散ったゴムの固まりが車のお腹を突き破り高速へと産み落とされていったわけです。
すごいパワーや!「おまえは、物体Xか!」

なんて言うパーツやったか忘れました。とりあえずちぎれちゃってます。

これがラバーカップリングなるものです。間の部分はちぎれてなくなってます。

もともとは、こーゆーものらしいです。

窓は開いたり閉まったりしてこそ窓!

4月22日(日)

 せっかくの日曜日やし、天気もえーから洗車でもしよかなーと思って、ガレージからスパイダーちゃんを出して窓を開けようとしたら、運転席側の窓が開きましぇ〜ん!
がんばってパワーウィンドーのスイッチを押しまくってなんとか開いたと思ったら今度は締まりましぇ〜ん!
前からやばいな〜と思ってたんですが、とうとうきたか!って感じです。

ワイヤーぐちゃぐちゃです。

アッセンブリー交換となるとかなり高くつきそーなんで、なんとかオーバーホールで直らへんかなーって感じです。
とりあえずGWなんで、窓は閉めっぱなしで過ごそうと思っています。
窓は開かへんけど、屋根は開く!

クラッチぷらんぷらん事件

5月13日(日)

いきなりギアが入らなくなりました。
クラッチペダルが奥に入ってしまって返ってこなくなりました。信号待ちの停止線に停まってんのに!めっちゃこわいっちゅうねん!

とにかく、一度エンジンを止めてギアを2速に入れてエンジンをかけてオートマみたいにしてなんとか家に帰りました。
その後、ラガッツェでペダルを手で引っ張ってもとの位置に戻して、原因を探る為に何度かクラッチを踏んでみると、とうとうクラッチペダルがプランプラン状態になってしまいました。
公道でなってたら怖かったやろな〜。原因はクラッチペダルの根元にあるL字型のレバーみたいなやつが折れてました。

こいつが折れました。

完全に折れとります。

レバーを交換して直ったと思いました。
しかし・・・窓もまだ直してへんのに! 今年の春は全然車に乗られへんやんけ〜! 俺の春を返せ〜!      

とゆーことで、結局ミッションを降ろしてオーバーホールとゆうことになりました。
でもお金がなかったんで、シンクロには手をつけませんでした。工賃のこと考えたらやっときゃよかったかなあ。ちょっと後悔してます。
窓もモーターなしの部品がみつかったんで、比較的安く直りました。

久しぶりに入院です。

9月15日(日)

本日、久しぶりに入院しました。病名は、『うしろのライト片方しかつかへん病』と、『電動ファンが全然回ってくれません病』です。

たぶん、ヒューズボックスのあたりのトラブルではないか?とのことですが、どーなるかはまだわかりません。代車にランチアテーマを借りたんで、まーえーか!って感じです。このテーマがけっこう速いんです。前のグリルに Turbo って書いてあるんですが、もしかしてデルタと同じエンジンなんやろか?もちろんATじゃありません。MTです。

結局、リアのライトはヒューズが切れてただけと判明しました。(なんのこっちゃ!)少しは自分の車のことを理解しとかないと恥をかくっちゅーことですな。

電動ファンは原因がわからず、(ってゆーか調べもせず。)直してません。来年の春までに直せばいーでしょう。涼しくなってきたし・・(こんなんでえーんやろか)

report 2 へ続く