先土器時代(旧石器時代)

   1万年以上前の日本列島はアジア大陸と陸続きになっていた(氷河時代)。
   南方からナウマン象、北からマンモス象。
   群馬県の岩宿遺跡(相沢忠洋による発見)。
   打製石器
   土器はまだ使っていなかった(先土器時代・無土器時代)。

縄文時代

   約1万年前から紀元前3世紀ごろまでの約8000年間。
   1万年前ごろになると、気候が暖かくなって海面が上昇し、今のような日本列島ができた。
   縄文土器(縄目の模様がないものもある。黒ずんだ色が特色)
   打製石器・磨製石器・骨角器。
   狩りや漁のくらし(弓矢の発明)、貝塚(福井県の鳥浜貝塚)が残っている。
   たて穴住居土偶
   青森県の三内丸山遺跡(縄文時代についての新たな発見)。
   住居の作り方や墓地が共同であったことから考えて、身分や差別はなく、貧富の差もなかった。

弥生時代

   紀元前3世紀ごろから3世紀ごろまでの500〜600年間。
   大陸から米づくりの技術が伝わる。
   静岡の登呂遺跡・・・・たて穴住居、高床式倉庫、石ぼうちょう、木製農具。
   佐賀県の吉野ケ里遺跡
   弥生土器青銅器鉄器銅鐸
   社会の変化 → 定住生活、貧富の差、身分の差。
   「むら」から「くに」へ。
   力のあるむらのかしらは、豪族となって小さなくにを支配した。
 57  奴国王が中国(後漢)に使いを送り、中国の光武帝が金印を授ける。
 107  倭の国から使者を後漢に送り、交わりを始める。
 150  このころ倭の国に大乱が起こる。
 239  邪馬台国卑弥呼が中国(魏)に使いを送る。邪馬台国は30余国を支配。

↑ ページトップ

古墳時代

 285  漢字が中国から伝わる。
 350  このころ、大和朝廷が国内をほぼ統一する。
  • 大和朝廷は、大王(おおきみ)(のちの天皇)を中心とした豪族の連合政権。氏と姓にもとづく政治→氏姓制度
   古墳文化
  • 各地に古墳がつくられる(前方後円墳円墳方墳)。大阪府堺市の仁徳陵古墳(大山古墳)は日本最大。前方後円墳は日本独特の形。埴輪。
 391  大和朝廷の軍が朝鮮で高句麗と戦い、任那に日本府を設ける。
  • このころ、朝鮮からの渡来人が多く、百済から織物・彫刻・陶芸などの技術が伝わる。
 421  倭王讃(仁徳天皇?)が、宋に使者を送る。
 538  百済から仏教が伝わる(552年の説もある)。
 562  任那の日本府がほろぶ。

 ↑ ページトップ

飛鳥時代

 574  聖徳太子の誕生。
 587  蘇我氏物部氏を滅ぼす ・・・ 豪族の争い。
 589  隋(ずい)が中国を統一。
 593  聖徳太子推古天皇摂政となる。
  • 蘇我馬子と協力して、天皇中心の政治をうちたてようとした。
  • 大阪に四天王寺を建てる。
 594  推古天皇が仏教を盛んにする詔を出す。
 603  冠位十二階を定める。
  • 家柄(氏や姓)に関係なく、能力重視の人材登用をすすめた。
 604  十七条の憲法を定める →朝廷につかえる役人の心得。
 607  小野妹子を隋に送る(遣隋使)。
   奈良に法隆寺を建てる ・・・ 飛鳥文化の代表(仏教中心の文化)
 618  が中国を統一。
 622  聖徳太子が死去。
 630  遣唐使の派遣 ・・・ 894年までの間、10数回送られる。
 645  大化の改新
  • 聖徳太子がなくなると、朝廷では蘇我馬子の子の蘇我蝦夷蘇我入鹿が権勢をふるう。中大兄皇子中臣鎌足と協力し、蘇我入鹿を殺し蘇我氏をほろぼす。中大兄皇子は皇太子となって新しい政府をつくり、政治の改革をはじめる → 公地公民の制、班田収受の法など。
 663  白村江(はくすきえ)の戦い
  • 新羅と唐が結んで百済を攻めたため、日本が百済を助けて朝鮮に出兵した。日本軍は敗れ、朝鮮半島から手を引き、北九州の守りをかためた。
 667  大津宮に都を移す。
 668  中大兄皇子が即位、天智天皇となる。
  • わが国最初の法典(近江令)やわが国最初の戸籍(庚午年籍)をつくる。
 671  天智天皇が死去。
 672  壬申の乱
  • 皇位の後継ぎ問題、これに勝った大海人皇子が天武天皇となる。
 694  持統天皇が飛鳥の藤原京に都を移す。
 701  大宝律令の制定。
  • 文武(もんむ)天皇のとき、刑部親王と藤原不比等らの編さんによる法典が完成。
 708  和同開珎がつくられる。

↑ ページトップ

奈良時代

 710  平城京に都を移す。
  • 元明天皇が唐の長安(今のシーアン)にならい、現在の奈良市の西に平城京をつくる。
    あをによし 奈良の都は さく花の にほふがごとく 今さかりなり」(万葉集)
 712  古事記ができる。
  • 稗田阿礼太安万侶らによる日本最古の歴史書。
 713  国ごとに「風土記」の編さんを命じる(日本最古の地理書)。
 718  藤原不比等らが「養老律令」をつくる。
 720  日本書紀ができる。
  • 舎人親王、太安万侶
 723  三世一身の法が出される。
  • 土地の開墾の奨励のため。班田制がくずれる。
 724  聖武天皇が即位する。
 729  聖武天皇が藤原不比等の娘を皇后とする(光明皇后)。
 730  奈良の興福寺に悲田院・施薬院をもうける。
 741  国分寺国分尼寺の建設がはじまる。
 743  墾田永年私財法が出される。→ 律令制のくずれ、荘園の発生。
 752  東大寺の大仏ができる ・・・ 天平文化がさかえる。
  • 多くの民衆と、僧行基の力を借りる。
 754  鑑真が来日。
  • 唐の高僧。6回目の船出で日本にたどり着く。
  • 奈良に唐招提寺を建てる。
 756  東大寺の宝庫、正倉院ができる。
  • 聖武天皇の遺品などを保存、校倉造り
 759  万葉集ができる。
  • 日本で最も古い歌集、大伴家持らによって編さんされる。
 765  僧の道鏡が太政大臣禅師となり、権力をふるう。
  • 僧の力の台頭、政治に口出し。
 770  道鏡が下野(しもつけ)(栃木県)に流される。
   阿倍仲麻呂が唐で客死する。
 781  桓武天皇が即位。
 784  長岡京に都を移す。

↑ ページトップ

平安時代

 794  平安京に都を移す。
  • 律令制の乱れ。桓武天皇和気清麻呂らの考えを用い、遷都。
 797  坂上田村麻呂征夷大将軍になる。蝦夷の平定。
 804  最澄空海が唐に渡る。
 805  最澄(伝教大師)が唐より帰り、天台宗を伝える。
  • 比叡山に延暦寺を建てる。
 806  空海(弘法大師)が唐より帰り、真言宗を伝える。
  • 高野山に金剛峰寺を建てる。
 874  このころ、国風文化がさかえ、「竹取物語」「伊勢物語」などが著される。
 887  藤原基経が関白になる(関白の始まり)。
 894  遣唐使を停止する。
  • 菅原道真の意見による。 → 国風文化の発達。
  • このころ、唐の勢いはおとろえていた。
 901  菅原道真が藤原氏によって大宰府に流される。
 902  荘園の大整理をする。
 905  古今和歌集ができる。
  • 紀貫之らによる編さん。最初の勅撰和歌集。
 935  平将門の乱・藤原純友の乱
   このころ、紀貫之が「土佐日記」を著す。
   このころ、各地の政治が乱れて武士が起こる。
 960  中国にが起こる。
 995  藤原道長が右大臣となり、政治の実権をにぎる。
   このころ、「枕草子」ができる。
  • 一条天皇の皇后定子につかえた清少納言が、宮廷生活の感想を書いた随筆。
 1010  このころ「源氏物語」ができる。
  • 紫式部による、藤原氏の全盛時代の平安貴族の生活をえがいた54帖からなる長編物語。
 1016  道長が摂政となる。  → 摂関政治
 1017  藤原頼通が摂政となる。
 1045  新しく荘園をつくることを禁止する。
 1051  前九年の役
  • 東北地方でおきた戦乱。
 1053  頼通が平等院鳳凰堂を建てる。
 1069  後三条天皇が記録所をもうけ荘園の整理をする。
 1083  後三年の役
  • 奥羽地方で争われた清原一族と源義家の戦い。
 1086  院政の開始。
  • 白河上皇による。 → 摂政・関白はしだいに無力になる。
 1105  藤原清衡が平泉に中尊寺を建てる。
 1129  鳥羽上皇の院政が始まる。
 1156  保元の乱
  • 天皇と上皇の対立に、源氏と平氏が動員されて戦った。
  • 勝った天皇側についた平清盛源義朝は力を認められる。
 1159  平治の乱
  • 平清盛と源義朝の争い。
  • 清盛は義朝を討ち、その子頼朝を伊豆に流す。
 1167  平清盛が武士で最初の太政大臣になる →日宋貿易
 1175  法然浄土宗を開く。
 1180  源頼朝が平氏を討つため、伊豆の豪族北条時政の力を借り関東で兵をあげる。
 1183  木曽の源義仲が平氏を攻めて京都に入る。
   このころ、「保元物語」「平治物語」ができる。
 1185  平氏が北九州にのがれ、壇ノ浦で滅びる。
  • 源範頼・義経らに攻められる。
 

ページトップ

鎌倉時代

 1185  源頼朝が全国に守護地頭をおく。
 1189  頼朝、奥州で義経を討つ。
 1191  栄西が宋より帰り、臨済宗を伝える。
 1192  頼朝、征夷大将軍となり鎌倉幕府を開く。
  • 頼朝は、おもに関東の武士を家来とし、武士の政府をつくっていった。頼朝の家来となった武士を御家人という。 → 御恩と奉公封建制度
 1199  頼朝が亡くなり、実権が北条氏に移る。
 1203  源実朝が3代将軍となる。
   運慶快慶らが東大寺の南大門金剛力士像をつくる。
   このころ執権政治がはじまる ・・・ 初代執権北条時政
 1205  藤原定家らが「新古今和歌集」を編さんする。
 1219  実朝が暗殺され、源氏が3代で絶える。
   北条政子が政治の実権をにぎる → 「尼将軍」
 1221  承久の乱
  • このあと、京都に六波羅探題をおく。 → 朝廷や西国の武士を監視。
 1224  親鸞浄土真宗を広める。
 1227  道元が宋より帰り、曹洞宗を伝える。
 1232  御成敗式目(貞永式目)がつくられる。
  • 第3代執権北条泰時がつくった最初の武士による法律(全51か条)。
 1235  このころ、「平家物語」「小倉百人一首」「源平盛衰記」などが著される。
 1252  鎌倉に大仏ができる。
 1253  日蓮法華経(日蓮宗)を広める。
 1260  日蓮が「立正安国論_」を著し、翌年伊豆に流される。
 1268  北条時宗が執権となり、元の使者を追い返す。
 1274  文永の役
 1281  弘安の役
 1297  幕府が徳政令を出し、御家人の困苦を救う(永仁の徳政令)。
 1318  後醍醐天皇が即位。
 1324  正中の変
 1331  元弘の変
  • 後醍醐天皇が鎌倉幕府を討とうと計画したが、失敗。
 1332  後醍醐天皇が隠岐に流される。
 1333  鎌倉幕府が滅びる。
  • 楠木正成新田義貞足利尊氏らが後醍醐天皇に味方。
 1334  建武の新政
  • 後醍醐天皇が、公家と武士を統一して天皇中心の政治を始める。しかし、その政治は貴族(公家)を重んじ、恩賞も武士には少なかったので、武士の間に天皇の政治への不満が強まった。
 1335  足利尊氏の挙兵。
  • 新政に不満をもつ武士を集めて、後醍醐天皇にそむき、京都を占領。
 1336  南北朝の対立。
  • 南朝 ・・・ 後醍醐天皇は吉野にのがれ、そこで政治を続けようとした。
  • 北朝 ・・・ 京都に入った足利尊氏は、新しい天皇をむかえた。

ページトップ

室町時代

 1338  足利尊氏が征夷大将軍に任ぜられ、京都に室町幕府を開く。
 1341  天竜寺船を元に送る。
 1349  関東管領をおき、足利基氏がこれに任じる。
   このころ倭寇が中国の沿岸を荒らす。
 1359  このころ「太平記」「増鏡」が著される。
 1368  足利義満が3代将軍になる。
 1378  足利義満が室町邸(花の御所)に移る。
 1392  南北朝の合一。
  • しだいに北朝・幕府側の力が強まり、南朝側の武士は少なくなった。1392年、3代将軍足利義満は南朝と講和して京都で一つの朝廷になるようにした。
 1397  足利義満が京都の北山に金閣寺を建てる。 →北山文化
 1399  大内義弘が幕府にそむく(応永の乱)。
 1401  足利義満が明と貿易を始め、倭寇の取りしまりを約する。
 1404  勘合貿易が始まる。
  • 倭寇と区別するために正式の貿易船に勘合という割札をもたせた。
   このころ永楽銭が国内で流通する。
 1428  正長の土一揆が起こる。
  • 近江国の馬借が徳政令を要求して起こした。大規模な一揆の最初。
 1439  上杉憲実が足利学校を再興する。
 1443  足利義政が8代将軍となる。
 1450  このころ能楽・狂言が栄え、茶の湯・生け花・連歌などが流行する。
   このころ勘合貿易がさかんに行われ、明銭が輸入される。
 1467  応仁の乱が起こる。
   このころ公家や僧侶が戦乱をのがれて地方に下り、京都文化が地方に広がる。
 1477  応仁の乱が終わって武将が帰国し、戦乱が地方に広がる。
  • 下剋上 →戦国時代
 1485  山城の国一揆が起こる。
  • 山城国(京都府)で土着の武士と農民が、国内で争っていた守護大名を追い出し、8年間自治を行った。
 1488  加賀の一向一揆が起こる。
  • 加賀国(石川県)で一向宗門徒が、守護の富樫氏を追い出し、約100年間にわたって自治を行った。
 1489  足利義政が京都東山に銀閣寺を建てる。 →東山文化
 1500  このころ、朝廷がおとろえ、公家・貴族などが多く地方に下る。
 1543  ポルトガル人が九州の種子島鉄砲を伝える。
 1549  フランシスコ・ザビエルが鹿児島に来て、キリスト教を伝える。
 1555  川中島の合戦
  • 上杉謙信と武田信玄が信州(長野県)の川中島で戦った。
 1560  桶狭間の戦い
  • 織田信長が今川義元を滅ぼす。
 1571  織田信長が比叡山延暦寺の焼き討ちを行い、一向一揆をしずめる。
 1573  室町幕府の滅亡。
  • 室町幕府の滅亡。

次へ ページトップ HOME