蕪村の俳句集

 蕪村の俳句集

春の句

春雨や暮れなむとしてけふもあり

春雨が降り続いている。夕暮れが迫ってきたが、暮れそうで暮れない一日だよ。〔季語〕春雨

春風や堤(つつみ)長うして家遠し

春風がそよそよと吹くなか、堤の上の道を歩き通している。懐かしい故郷ははるか彼方に霞んでいる。〔季語〕春風

遅き日のつもりて遠きむかしかな

遅々とした春の日が続いている。こうした日々を幾年も重ねるうち、昔もはるか遠くなってしまったことだ。〔季語〕遅き日

やぶ入りの夢や小豆(あづき)の煮えるうち

やぶ入りで久しぶりに我が家に帰ってきた子どもが、小豆を煮てやっている僅かの間にも横になって眠ってしまった。疲れているのだろうが、きっと楽しい夢を見ているんだろう。〔季語〕やぶ入り

(しょく)の火を燭にうつすや春の夕(ゆふ)

春の日の夕暮れ。燭台から燭台へと灯りをうつしていく。明るくなった室内もまた春らしくのどかであることだ。〔季語〕春の夕

公達(きんだち)に狐(きつね)化けたり宵(よひ)の春

なまめかしい春の宵。一人歩いていくと、ふと貴人らしい人に出会った。あれはキツネが化けたに違いない。〔季語〕宵の春

春雨や小磯(こいそ)の小貝(こがひ)ぬるるほど

小磯の砂の上に美しく小さな貝が散らばっている。春雨が降ってはいるが、その貝をわずかに濡らすほどだ。〔季語〕春雨

春の海ひねもすのたりのたりかな

のどかな春の海。一日中、のたりのたりと波打っているばかりだよ。〔季語〕春の海

春雨にぬれつつ屋根の手毬(てまり)かな

女の子たちの遊んでいる声が聞こえなくなったと思ったら、いつの間にか春雨がしとしとと降っている。屋根の上には、引っかかった手まりが濡れている。〔季語〕春雨

春の夕(ゆふべ)絶えなむとする香(かう)をつぐ

夕闇が迫ってきた。清涼殿では、女房たちが、絶えようとする香をついでいる。何とも優艶な風情であるよ。〔季語〕春の夕

滝口に灯(ひ)を呼ぶ声や春の雨

春雨が降りしきり、辺りがひっそりと暗くなってきた。そんな中、滝口には、禁中警護の武士たちが灯を求める声が響いている。〔季語〕春の雨

片町にさらさ染(そ)むるや春の風

道の片側だけ家並みの続く町はずれ。反対側の空き地には、色も鮮やかに染め上げられた更紗が干してある。折りしも吹き過ぎる春風の心地よさよ。〔季語〕春の風

高麗舟(こまぶね)のよらで過ぎゆく霞(かすみ)かな

高麗船が沖合いを静かに通り過ぎていく。こちらの港にも寄らないで、そのまま霞の中に消え入ってしまった。〔季語〕霞

さしぬきを足でぬぐ夜(よ)や朧月(おぼろづき)

男がほろ酔い加減で帰宅するなり、部屋の中にごろりと横になる。そのまま足を動かしながら指貫を脱いでいる。外は朧月夜。静かで艶な春の夜の情景である。〔季語〕朧月

菜の花や月は東に日は西に

夕方近い、一面の菜の花畑。月が東の空に登り、振り返ると日は西の空に沈もうとしているよ。〔季語〕菜の花

釣鐘(つりがね)にとまりてねむる胡蝶(こてふ)かな

物々しく大きな釣鐘に、小さな蝶々がとまって眠っている。何とも可憐な姿だよ。〔季語〕胡蝶

(はた)うつやうごかぬ雲もなくなりぬ

畑を打ち続け、ふと手を止めて空を眺めると、さっきまで動かずにいた雲がどこかへ消えてしまっていた。〔季語〕畑うつ

白梅(しらうめ)に明くる夜(よ)ばかりとなりにけり

これからは世俗を離れ、白梅に明ける夜ばかりを迎える身になるのだ。(蕪村の辞世句の一つ)〔季語〕梅

ゆく春やおもたき琵琶(びは)の抱きごころ

春が行き過ぎようとするある日、久しぶりに琵琶を奏でようと抱きかかえると、とても重く感じた。これも晩春の物憂さのゆえだろうか。〔季語〕ゆく春

ゆく春や逡巡(しゆんじゆん)として遅ざくら

散らずにいつまでもぐずぐずと咲き続けている遅ざくら。過ぎ行く春を惜しんでいるからなのだろうか。〔季語〕ゆく春・遅ざくら

ゆく春や撰者(せんじや)をうらむ歌の主

春は過ぎ去ろうとしているのに、自分の歌が選にもれた歌詠みが、いつまでも愚痴をこぼしていることよ。〔季語〕ゆく春

  

↑ このページの先頭へ

夏の句

(うれ)ひつつ岡にのぼれば花いばら

心が愁うまま近くの岡にのぼると、いばらの白い花があちらこちらに咲いている。その姿にいっそう自分の憂いは増すようだ。〔季語〕花いばら

夏川をこすうれしさよ手にぞうり

ぞうりをぬいで手に持ち、素足のまま夏の川をわたる。何ともうれしく、気持ちのよいことだ。 〔季語〕夏川

牡丹(ぼたん)散つてうちかさなりぬニ三片

咲き誇っていた牡丹の花が、わずか数日で衰え始め、地面に花びらがニ、三片と重なって落ちている。〔季語〕牡丹

五月雨(さみだれ)や大河を前に家二軒

五月雨が降り続いて水かさを増した大河がごうごうと流れている。その大河の前に家が二軒建っているが、水の勢いに今にもおし流されてしまいそうだ。〔季語〕五月雨

涼しさや鐘をはなるるかねの声

早朝の涼しさの中、鐘の音が響いている。一つまた一つと鐘をつくたびに、その音は遠くへ離れていくようで、何ともさわやかだ。〔季語〕涼し

お手討ちの夫婦(めをと)なりしを更衣(ころもがへ)

不義密通によりお手討ちになるべきところを許されて、他国に落ちのびたお前と私。今こうして、ようやく更衣の季節を迎えることができたよ。〔季語〕更衣

山蟻(やまあり)のあからさまなり白牡丹(はくぼたん)

大きく真っ白な白牡丹の花びらに、山蟻が這っていく。その黒さが何とも印象的だ。〔季語〕牡丹

夕風や水 青鷺(あをさぎ)の脛(はぎ)をうつ

暑い日差しが傾いて、ようやく夕風が立ち染めてきた。川岸では青鷺が脛を水に浸して立っていて、何とも涼しそうだ。〔季語〕青鷺

絶頂の城たのもしき若葉かな

山頂に城がそびえ立っている。若葉に囲まれたその姿は、とても頼もしく感じられる。〔季語〕若葉

石工(いしきり)の鑿(のみ)冷したる清水(しみず)かな

夏の日盛りの石切り場。人夫の使うのみも熱くなってきたのか、傍らの清水にずぶりと浸けた。〔季語〕清水

(あゆ)くれてよらで過ぎ行く夜半(よは)の門

夜半に門をたたく音に出てみると、釣りの帰りの友が鮎を届けてくれ、寄っていけというのに、そのまま立ち去ってしまった。厚い友情を感じつつも、私は門のそばに立ち尽くすのみであった。〔季語〕鮎

不二(ふじ)ひとつうづみ残して若葉かな

辺り一面、若葉にうずめられているが、くろぐろとした富士山だけがぽっかり残っている。〔季語〕若葉

みじか夜や毛虫の上に露(つゆ)の玉

夏の短い夜が明けた頃、庭先では、毛虫の毛の上に露の玉がきらきら輝いている。〔季語〕みじか夜

ほととぎす平安城を筋違(すぢかひ)

ほととぎすが鋭い声で鳴きながら、平安京を斜め一直線に飛んでいった。〔季語〕ほととぎす

  

↑ このページの先頭へ

秋の句

朝顔や一輪(いちりん)深き淵(ふち)のいろ

すがすがしく朝顔が咲いている。その中の一輪は、底知れぬ淵のような深い藍色をして、まことに美しい。〔季語〕朝顔

四五人に月落ちかかる踊(をどり)かな

夜も更けて、月は西に落ちかかっている。その光を浴びて、四、五人の男たちがまだ踊り続けていることだよ。〔季語〕踊

湯泉(ゆ)の底にわが足見ゆるけさの秋

朝の温泉にひたって、その透き通った湯の底に、青白くほっそりした自分の足が見える。辺りはすでに初秋の気配だ。〔季語〕けさの秋

月天心(つきてんしん)貧しき町を通りけり

夜半の月が中空に輝いている。その月の光を浴びながら、貧しい家々の立ち並ぶ町を通ると、どの家からも灯りは洩れず、ひっそりと寝静まっている。〔季語〕月

白露や茨(いばら)の刺(はり)にひとつづつ

秋も深くなり、あたり一面に露が降りている。いばらに近づいてみれば、その鋭い刺(とげ)の先の一つ一つに露の玉がくっついて輝いている。〔季語〕露

灯篭(とうろう)を三たびかかげぬ露ながら

亡き友の新盆にあたり、灯篭をかかげたが、数えてみるともう三度目になる。露に濡れた灯篭を見ると、なおいっそう悲しさがこみあげる。〔季語〕灯篭

鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分(のわき)かな

野分が吹き荒れる中、五、六騎の武者たちが鳥羽殿に向かって一目散に駆けていく。その後を追うように、野分はなお激しく吹きつのっている。〔季語〕野分
鳥羽上皇崩御を機に起こった保元・平治の乱に想を得たとされる句。ここでの「鳥羽殿」は建物の鳥羽離宮のこと。

柳散り清水かれ石ところどころ

柳が散り、清水は枯れ、石がところどころに露出している。わびしい秋の風景であることよ。〔季語〕柳散る

落穂(おちぼ)拾ひ日あたる方(かた)へあゆみ行く

秋の日差しが山の端にかかり、広い田んぼの一部を照らすばかりになった。農夫が落穂を拾いながら、日の当たる方へ移っていく。〔季語〕落穂

山は暮れて野は黄昏(たそがれ)の薄(すすき)かな

遠くの山々はすでに暮れてしまったが、近くに見える野はまだ暮れなずんでいてほの明るい。薄が風にゆれている。〔季語〕薄

↑ このページの先頭へ

冬の句

易水(えきすゐ)にねぶか流るる寒さかな

戦国時代の中国、荘士が悲壮な決意で旅立ったという易水に、真っ白な葱(ねぎ)が流れている。そのさまは何とも寒さが身に沁みる。〔季語〕寒さ

(おの)入れて香(か)におどろくや冬木立

冬木立の中にやって来て、枯木と思って斧を打ち込んだ。ところが、新鮮な木の香りが匂ってきて驚いた。〔季語〕冬木立

(ねぎ)買うて枯木の中を帰りけり

町で買ったねぎをぶら下げて、葉の落ち尽くした冬木立の中を一人で帰ってきたことだよ。〔季語〕葱・枯木

うづみ火や終(つひ)には煮(に)ゆる鍋のもの

火鉢の炭は灰にうずまっている。その上にかけてある小さな鍋はいつ煮えるとも分からないが、まあそのうち煮えるだろう。〔季語〕うづみ火

(くす)の根を静かにぬらす時雨(しぐれ)かな

大木となった楠の木。その根元を時雨が静かに濡らしている。何と森閑とした風景だよ。〔季語〕時雨

宿かせと刀(かたな)投げ出す吹雪かな

外は吹雪。旅人が家にころがりこんできて、宿を貸してくれというより早く、刀を投げ出して腰を下ろしたことだよ。〔季語〕吹雪

水鳥や提灯(ちやうちん)遠き西の京

暗い池のほとりにたたずむと、水鳥の音がかすかに聞こえてくる。はるか西の京あたりに目を向けると、提灯の明かりが動いており、それも遠くかすかである。〔季語〕水鳥

寒月や衆徒(しゆと)の群議の過ぎて後(のち)

明日の戦いの評定を終えた僧兵たちが去っていった。そのあとには寒々とした冬の月が中空に輝いている。〔季語〕寒月

椋鳥(むくどり)と人に呼ばるる寒さかな

故郷の柏原を出てきたものの、あいつはこの寒い冬に、のこのこと出稼ぎにいく、まるで椋鳥だなどと人が陰口をたたく。寒さがますます身にしみる。〔季語〕寒さ

雪散るやおどけもいへぬ信濃(しなの)(ぞら)

雪がちらちら降ってきた。江戸では雪を見て冗談も言えるが、ここは雪国の信濃。大雪を前にしてそれどころではない。〔季語〕雪

おとろへや榾(ほた)折りかねる膝頭(ひざがしら)

自分も年を取ったものだ。若いときには膝頭(ひざがしら)で薪(まき)を折っていたものだが、もうできない。〔季語〕榾

水鳥や枯木の中に駕(かご)二挺(にちやう)

冷たい水面に、水鳥たちが泳いでいる。対岸の冬木立の中には、かごが二挺乗り捨てられていて、辺りには誰もいない。〔季語〕水鳥

 

このページの先頭へ



与謝蕪村の略年譜

1716年
 摂津国に生まれる
 早くに両親を亡くす
1717年
 このころ江戸に出る
1737年
 夜半亭巴人に師事
1732年
 享保の大飢饉
1742年
 下総国の砂岡雁宕に師事
 奥羽に行脚(10年間)
1744年
 このころ「蕪村」を名乗る
1761年
 45歳ごろ結婚
 一人娘くのをもうける
1751年
 京都に移り住む
 このころ「与謝」を名乗る
1767年
 田沼意次が側用人になる
1783年
 死去

与謝蕪村について

 摂津国東成郡毛馬村(大阪市都島区)生まれの江戸中期の俳人、画家。俳号として別に夜半亭、落日庵,紫狐庵など。画号は長庚,春星、謝寅など。本姓は谷口氏と伝えられるが、丹後(京都府)の与謝地方に客遊したのち、与謝の姓を名乗る。

 20歳ごろ江戸に出て夜半亭(早野)巴人の門人となるが,巴人没後、結城の砂岡雁宕ら巴人門下の縁故を頼り、約10年にわたり常総地方を歴遊する。宝暦1(1751)年,36歳のとき上京、その後丹後や讃岐に数年ずつ客遊するが、京都を定住の地と定めてこの地で没した。この間、明和7(1770)年,55歳のときには巴人の後継者に押されて夜半亭2世を継いだが、画業においても,53歳のときには『平安人物志』の画家の部に登録されており,画俳いずれにおいても当時一流の存在であった。

 池大雅と蕪村について,田能村竹田が『山中人饒舌』の中で「一代,覇を作すの好敵手)と述べている通り、早くから文人画の大家として大雅と並び称せられていた。俳諧はいわば余技であり、俳壇において一門の拡大を図ろうとする野心はなく、趣味や教養を同じくする者同士の遊びに終始した。死後は松尾芭蕉碑のある金福寺に葬るように遺言したほど芭蕉を慕ったが、生き方にならおうとはしなかった。

 芝居好きで、役者や作者とも個人的な付き合いがあり、自宅でこっそりと役者の真似をして楽しんでいたという逸話もある。
 小糸という芸妓と深い関係があったらしく,門人の樋口道立 から意見され、「よしなき風流、老の面目をうしなひ申候」とみずから記している。彼が故郷を出たのは何か特別な事情があったらしく、郷愁の思いを吐露しながらも京都移住後、故郷に帰った形跡はない。

RSS Feed Widget

古典に親しむ