開催履歴   トップページ 

973回 サロン・コンサート   阿見 真依子  ピアノリサイタル 」

日  時

20167月9日(土) 午後2時開演   (開場午後1時30分)

会  場

はんしん自立の家  会場地図 (駐車場あり・予約要 阪急仁川駅からタクシー1メータまたはバス)      

入場料

無料(予約制)

出  演

阿見真依子(ピアノ) 

プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プロフィ-

J.S.バッハ=マイラ ヘス: 主よ、人の望みの喜びよ
スカルラッティ      : ソナタ ロ短調  K.27/L.449
シューマン=リスト  : 献呈
シューベルト=リスト: 糸を紡ぐグレートヒェン、 

シューベルト=リスト: アヴェ マリア
ショパン  : 子犬のワルツ 変二長調 Op.64-1
ショパン  : 雨垂れのプレリュード 変二長調 Op.28-15
ショパン  : バラード第1番 ト短調 Op.23
シューベルト: 12のレントラー D790
シューベルト: さすらい人幻想曲 D760

 

阿見 真依子 (あみ まいこ)/ピアノ

奈良県出身。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学を経て同大学院修士課程卒業。 藝大モーニングコンサートにて、広上淳 一氏指揮、藝大フィルと共演。大学卒業 時に同声会賞受賞。大学院終了時にピア ノ演奏優秀者によるジョイントリサイタ ルに出演。

22回宝塚ベガ音楽コンクール第1位、会場審査員特別賞、兵庫県知事賞受賞。ロ シアン・ピアノスクールin東京に参加 し、10周年記念ランチタイムコンサート シリーズに出演。

6回パナ マ国際ピアノコンクール第3位入賞。

日本ショパンピアノコンクール2015にて第2位入賞。ショパン・フェスティバ ル2015in表参道にてN響メンバーによる 弦楽六重奏とショパンのコンチェルト第1番を共演。

2015年ピアナーレ国際ピアノ・アカデミー&コンペティション(ドイツ)ファイナルにて聴衆賞等を受賞。副賞として、ヨーロッパ(ドイツ、スペイン、ポルトガル) にてリサイタルを行う。

これまでに渡辺加寿美、小嶋素子、芝 令子、御木本澄子、G.タッキーノ、植田克己、海老彰子の各氏に師事。

 

予約フォーム

 

974回 サロン・コンサート   佐藤 友香 (Vn) ・ 木下 真希( Vn) ・ 木田 陽子 (P)

日  時

2016731日(日) 午後2時開演   (開場午後1時30分)

会  場

南風会サロン (JR・山陽姫路駅徒歩5分)     

入場料

大人 2,000円 高校生以下 1,000円 (予約制・当日精算)

出  演

佐藤友香(ヴァイオリン) 木下真希(ヴァイオリン) 木田陽子(ピアノ)

プログラム

 

 

 

 

 

 

プロフィ-

チャイコフスキー   : 感傷的なワルツ

ラヴェル             : ヴァイオリンソナタ 第2番

ルクレール          : 2台のヴァイオリンのためのソナタ第5

ドビュッシー        : レントより遅く 

プロコフィエフ      : 無伴奏ヴァイオリンソナタ

ショスタコーヴィチ  : 2台のヴァイオリンとピアノのための5つの小品

 

佐藤 友香 (さとう ゆか)/ヴァイオリン
 名古屋出身。4歳よりヴァイオリンを始める。第4回日本クラシック音楽コンクール小学生の部奨励賞受賞。第51回全日本学生音楽コンクール小学生の部名古屋大会第1位、第52回同コンクール中学生の部第1位。第11回大阪国際音楽コンクールAge G部門第3位。

2000年より、アメリカのボストンにあるウォールナットヒル芸術高校に奨学生として単身留学。2004年同校卒業。同時にニューイングランド音楽院高等部、弦楽部門最優秀成績で終了。同年、ニューイングランド音楽院入学。翌年同校を休学し兵庫芸術文化センター管弦楽団に最年少コアメンバーとして入団。同団第1回ソリストコンクールで優勝。2007年5月に同団とストラビンスキーヴァイオリン協奏曲を協演。2007年9月よりニューイングランド音楽院復学。2010年5月卒業。在学中、野村国際文化財団より留学助成金を受領。2014年オランダのハーグ王立音楽院の修士課程を満点の首席で卒業。
2007年~2008年、スイスヴェルビエフェスティバルオーケストラメンバー、2008年~2009年ネポンセットバリーオーケストラ第二ヴァイオリン主席。オーケストラ以外にも室内楽奏者としても精力的に活動。また、新曲の開拓にも意欲的でウェイチェ・リンのヴァイオリン独奏のための「ウィ―ブ」をニューヨークのカーネギーホールで演奏する他、第2次世界大戦にてナチスの犠牲者となったマーセル・ティバーグの弦楽六重奏を初演。その演奏はBuffaloNews紙に「厳粛で引き付ける演奏」と称賛される。2008年よりピアニスト贄川二葉とデュオ“OTO”を結成。第4回横浜国際音楽コンクールデュオ部門1位なしの第2位。
これまでにヴァイオリンを森下陽子、渡邊穣、森悠子、故マリルー・チャーチル、ジェームス・バズウェル、ヴェラ・ベスの各氏に師事。 2015年よりノルウェーのクリスチャンサン交響楽団の契約団員 。

 

木下真希 (きのした まき)/ヴァイオリン

都出身。鈴木メソッドにて3歳よりヴァイオリンを始める。日本クラシック音楽コンクール奨励賞受賞。第49,50回全日本学生音楽コンクール西日本大会高校生の部入選。京都芸術祭に参加。 京都市立堀川高校音楽科弦楽科首席卒業後、渡英。ギルドホール音楽院にて音楽学士・修士課程を修了。学内でのヴァイオリン、室内楽双方においての成績優秀を受けて、高等クラスを受講。室内楽コンクールにて優勝、ドロシー・アダムス賞を受賞。奨学金を得て室内楽コースに在籍。松村裕美子、田渕洋子、森悠子、故小国英樹、橋本寿子、J・グリックマン、D・タケノに師事。イギリスでは、ロイヤル・フィル、英国立バレエ、王立リバプール管弦楽団、ノーザン・シンフォニア、ボーンマス交響楽団などの公演に出演。日本では、長岡京室内アンサンブル、兵庫芸術文化センター管弦楽団(PACオーケストラ)に創設メンバーとして参加。大阪・ザ・フェニックスホール・エヴォリューション・シリーズ、NHK「名曲リサイタル」などに出演。京都・青山音楽記念館(バロックザール)、京都府民ホール「アルティ」などでもリサイタルを行い、好評を博す。現在、ソロ・室内楽などの演奏活動のほかに、音楽セミナーの通訳やコンサート企画・プロデュースなど幅広い音楽活動をしている。また後進の指導にも力を注いでおり2012年より京都バイオリン・チェロレッスンを主宰。

 

木田 陽子 (きだ ようこ)/ピアノ
東京芸術大学器楽科ピアノ専攻を卒業後、渡米。ロンジー音楽院(ボストン)修士課程及びディプロマ課程修了。

ニューイングランド音楽院(ボストン)博士課程ピアノ伴奏科修了。同音楽院にて弦楽科伴奏ピアニスト及び伴奏科講師を勤める。10年に及ぶ在米期間では積極的な音楽活動を展開。アメリカや日本の他、カナダや南米、韓国やヨーロッパでも演奏活動を行った。また、タングルウッド音楽祭やカーネギーホール・ワークショップに研修生として招待されコンサートに出演。カーネギーホールでの演奏はニューヨーク・タイムズ紙及びニューヨーク・サン紙において賞賛された。

これまでに加藤智子、渡辺健二、故ハリーナ・チェルニー・ステファンスカ、ヴィクター・ローゼンバウムの各氏に師事。

2013年6月に帰国。兵庫県芦屋市に本拠を移し、意欲的な演奏活動を行っている

 

 

予約フォーム

 

975回 サロン・コンサート  福田 ひろみ ヴァイオリンリサイタル 」 ピアノ:田口友子

日  時

201687日(日) 午後5時開演   (開場午後4時30分)  

会  場

南風会サロン (JR・山陽姫路駅徒歩5分)     

入場料

大人 2,000円 高校生以下 1,000円 (予約制・当日精算)

出  演

福田ひろみ(ヴァイオリン)   田口友子(ピアノ)

プログラム

 

 

 

 

プロフィ-

シマノフスキ : 「神話」から “アルトゥーザの泉” “パンとドリアード”

J.S.バッハ : 無伴奏パルティータ 第3番 ホ長調 BWV1006

シェーンベルク : 幻想曲 作品47

プーランク : ヴァイオリンとピアノのためのソナタ      

 

福田 ひろみ(ふくだ ひろみ)/ヴァイオリン

3歳よりヴァイオリンを始める。 現在 東京音楽大学大学院修士課程に特別特待奨学生として1年在学中。

2005年全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部第1位。
2008
年第17ABC新人オーディションに最年少で合格しABC新人演奏会に出演。
2012
年 いしかわミュージックアカデミーにてIMA音楽賞受賞。
2014
年第16回日本演奏家コンクールにて第1位及びグランプリ受賞。
2015
年東京音楽大学コンクールにて第1位受賞。
これまでアナ・チュマチェンコ マキシム・ヴェンゲーロフ氏等のマスタークラスにて研鑽を積む。
日本各地にてリサイタルを行う。室内楽ではJTが育てるアンサンブルシリーズvol.73、プロジェクトQ1113章等に出演。
2015
年度青山財団奨学生。 現在 原田幸一郎、小栗まち絵、漆原朝子の各氏に師事。

 

田口 友子(たぐち ゆうこ)/ピアノ

相愛音楽教室、相愛高校音楽科を経て、相愛大学音楽学部器楽学科卒業。
同大学ピアノ研究科修了。第88回同大学主催コンチェルトの夕べに出演。
18回摂津音楽祭伴奏賞、第19回京都芸術祭優秀協演賞受賞。
97
年スペイン・トロエッラ音楽祭に出演。同音楽祭サマーセミナーのF・アーヨ氏(vn)のクラスの伴奏ピアニストを務める。相愛大学演奏助手、大阪芸術大学伴奏要員を務める。これまでに澤村千栄子、向井滋子、金久万利子氏に、室内楽を上田晴子氏に師事。
現在、相愛大学非常勤講師。

 

予約フォーム

 

976回 サロン・コンサート       山田 剛史 ピアノリサイタル 

日  時

2016820日(土) 午後6時開演 (開場午後530分)

会  場

南風会サロン (JR・山陽姫路駅徒歩5分)  

入場料

大人 2,000円 高校生以下 1,000円 (予約制・当日精算)

出  演

山田剛史(ピアノ) 

プログラム

 

 

 

 

プロフィ-

【 オール バッハ プログラム 】

バッハ :パルティータ第5番 ト長調 BWV829

バッハ :イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV971

バッハ :イギリス組曲第6番 ニ短調 BWV811  

           

山田 剛史(やまだ たかし/ピアノ

2007年第5回東京音楽コンクールピアノ部門第1位および聴衆賞受賞。ソリストとして、秋山和慶氏指揮東京交響楽団はじめ、多くのオーケストラと共演。東京文化会館小ホールおよび大阪・いずみホール(文化庁/日本演奏連盟主催)にてリサイタル。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」出演。

とりわけバッハと近現代作品に親しみを持ち、室内楽や歌曲伴奏、映像とのコラボレーション等、新鮮で創造性に富んだ活動で知られる。シマノフスキのピアノソナタ第3番については「知的でオリジナリティにあふれた、驚くほど完成度の高い演奏」と高く評価された。2013年フェニックス・エヴォリューション・シリーズに選出され、バッハ:イギリス組曲全6曲によるリサイタルを開催。日本トスティ歌曲コンクール2015の伴奏ピアニストとして、寧楽トスティ特別賞受賞。

東京藝術大学卒業。同大学院修士課程を首席で修了、クロイツァー賞受賞。ローム ミュージック ファンデーションの奨学生としてケルン音楽大学に留学、国家演奏家試験に合格。クラウディオ・ソアレス、迫昭嘉、ニーナ・ティシュマン、アントニー・シピリの各氏に師事。現在、国立音楽大学、東京藝術大学、東京学芸大学、各非常勤講師。日本ショパン協会会員。

 

予約フォーム

 

 

 

※ 過去のサロンコンサート

 


          <  ご 予 約 方 法  > 

     ・以下の内 容を下記宛先に、メール・電話・ファックスのいずれかでお申し込み下さい。    

       メールの方は、こちらの予約フォームをご利用されると便利です。

       ご予約いただいた方に、会場地図の画像ファイルを送信いたします。
  
       なお、チケットは作成しておりません。

入場料は当日、受付にてお支払い下さい。(入会金・年会費 等は不要です)    
       
                1. 氏名(ふりがな)
                2. 住所
                3. 郵便番号  
                4. 電話 
                5. メールアドレス 
                6. 性別 
                7. 人数

   <宛先>

       サロン・コンサート協会事務局  近藤健司

         ・ メール : sck77@h8.dion.ne.jp

         ・ 電話兼ファックス : 078-731-4120 

           携帯                   090-9270-4906

 

 

| HOME |