ロゴ(青) 二十四節気の略算式 ロゴ(緑)
(2012/1/6 修正) 出典元HP にある【2099年まで有効】という注意事項を、本ページに記載していませんでしたので追記しました。

  二十四節気の内、「春分/秋分」については、
        海上保安庁水路部/暦計算研究会 編 『 新こよみ便利帳 』
に記載してある略算式で簡単に求める事ができますが、「立春」など、「春分/秋分」以外の日付も
簡単に計算できる略算式を探していたところ、下記のHPで見つけることができました。
  Ishiyama's Home Page ( http://i.gmobb.jp/ishiyama/index.htm  Cache )
    天文関係/天文メモ ( http://i.gmobb.jp/ishiyama/waah/memo.htm#calender  Cache )
      (2011/3/18  石山さんのHPのURLが変更されましたので、上記リンクを修正しました。)
      (2015/8/8  リンク が切れていましたので、 Internet Archive の キャッシュ を併記しました。)
 上記HPで紹介されている略算式は下記になります(AddinBoxで引用公開する事に関しては石山さんの了解済)
      [日] = INT(D + (A × (Y - 1900)) - INT((Y - 1900) ÷ 4))
          ・[日]には、とか21といった、日付の[Day]部分が求まります。
          ・Y には、求める年の西暦年を入れますが、1〜2月になる節気(小寒・大寒・立春・雨水)の
            場合には、「求める年 - 1]を指定します。
その他では「求める年」そのものを指定して下さい。
          ・D および の値は下表を参照して下さい(二十四節気によって異なります)。
          この式は2099年まで有効です。
              (『2100年 が 閏年ではない (100年ごとの除外条件)』 という事への補正が組み込まれていません)

      尚、上記HPにて「精度は0.03日(約43分)程度なので、日付の境界付近については注意」と
      記載されていますが、実際に『エクセルおよびVBA(倍精度)』にて計算し、「新こよみ便利帳」
      記載値と比較したところ、日付境界付近で10件のズレが現われました。

      下表の[D]値は、そのズレを修正する補正を加えたの値なので、上記HP記載値とは異なっ
      ています(補正量は下表参照)。
        (2013/1/30 追記) 64bit 環境 (Windows8 [x64] , Excel2010 [x64] , Excel2013 [x64] ) における演算精度で
                                   『D値の補正量』 の妥当性を検証した結果、下表の値で問題が無い事を確認しました。

  [日] = INT(D + (A × (Y - 1900)) - INT((Y - 1900) ÷ 4))
     [ 出典: Ishiyama's Home Page/天文関係/天文メモ , この式は2099年まで有効です。 ]
「月」 二十四節気 【 D 】 【 A 】 HP記載[D]値からの補正量 備 考
1月 小寒 6.3811   0.242778   +0.0046 年は[-1]
大寒 21.1046   0.242765   +0.0019 年は[-1]
2月 立春 4.8693   0.242713      年は[-1]
雨水 19.7062   0.242627      年は[-1]
3月 啓蟄 6.3968   0.242512       
春分 21.4471   0.242377       
4月 清明 5.6280   0.242231   +0.0023    
穀雨 20.9375   0.242083       
5月 立夏 6.3771   0.241945       
小満 21.9300   0.241825       
6月 芒種 6.5733   0.241731       
夏至 22.2747   0.241669   -0.0029    
7月 小暑 8.0091   0.241642       
大暑 23.7317   0.241654       
8月 立秋 8.4102   0.241703       
処暑 24.0125   0.241786       
9月 白露 8.5186   0.241898   +0.0066    
秋分 23.8896   0.242032       
10月 寒露 9.1414   0.242179   +0.0061    
霜降 24.2487   0.242328   +0.0003    
11月 立冬 8.2396   0.242469   +0.0023    
小雪 23.1189   0.242592       
12月 大雪 7.9152   0.242689   -0.0014    
冬至 22.6587   0.242752       
  この表で算出される結果については、『新こよみ便利帳』に記載されている値と[1950〜2050年]
    範囲において一致している事を確認してあります(by 角田  [ 検証ブック(16KB) ] )。
    [ 春分日の移り変わり / 秋分日の移り変わり (検証ブックより) ]

    (補) 新こよみ便利帳 には 2050年までのデータしか掲載されていませんので、エクセル式での検証も
          2050年までしか行なっていません。式そのものは 2099年まで使えます。
(算出例)    2000年の大寒/立秋の日付を求める(大寒では[年−1]で指定する)
  [A1 セル]  2000
  [大寒]  =DATE(A1, 1, INT(21.1046+0.242765*((A1-1)-1900)-INT(((A1-1)-1900)/4)))
  [立秋]  =DATE(A1, 8, INT(8.4102+0.241703*(A1-1900)-INT((A1-1900)/4)))


Homeへ戻る

ロゴ(ゴールド) ロゴ(ゴールド)

角田 桂一 Mail:addinbox@h4.dion.ne.jp CopyRight(C) 2001 Allrights Reserved.