色の働きと色彩心理   PCCS色彩体系(日本色研配色体系)をもとにお話します 

赤は目につきやすい色でインパクトが強く気分を高揚させ、食欲を刺激する。強さ、エネルギー
自発性、外交性、リーダーシップを表す。元気と回復力を与えてくれる。
黄赤(橙)は活発、元気といった陽のイメージ。食物や果物、焼き物などにおおく見られ食欲を
そそる色。暖かさを感じさせる暖色の代表。黒や暗い色と組み合わせるとエネルギッシュ。
黄は光にもっとも近い色で気持ちを前向きに元気にさせる。進出色、膨張色で目立ち注意を喚
起する色。快活、開放感、明るさ、カジュアルさの強い色。
緑は若さ、成長、希望、安全、衛生、避難、救護の意味をあらわす。目にやさしくストレスを
やわらげる。暖色にも寒色にも属さず温度感が無いので場所を選ばない。
青は寒色の代表でクールで静のイメージをもち、英知、誠実、沈黙、空や海の色を連想させ、
すがすがしく好感のもてる色。気持ちを沈静させ、集中力を増す。
紫は高貴、霊的、古風、優雅、神秘をあらわす。使い方で上品にも下品にも派手にも地味
にもなる。赤紫は女性的で華やか、青紫は神秘的。
白は清潔感や潔白を表し、どんな色とも相性がよく、配色を明るくクリアに見せる。色みのない
真っ白はベースカラーとしてよりもアクセントカラーやサブカラーとして使うと無難。
黒は不安、暗黒、恐怖など他の色と違った強い個性をもつ。他の色との相性が良く、配色に黒
が入るとダイナミックになる。環境色彩では暗く重く不安な印象になり、大面積には用いない。
灰は白や黒のようにはっきりとした性格がないため他の色とあわせやすい。環境色彩では
色味のない灰色は人工的で冷たい印象.。高彩度色との配色はモダンな印象になる。
ピンクは女性らしさ、優しさ、可愛らしさ、おだやかな暖かさをあらわし、精神的な充足感を
与えて、円満な気持ちにしてくれます。
ベージュはソフトで安心感のある色。存在感や個性が弱いので誰にでも好まれ飽きがこない。
人の肌や木肌を連想させ自然な柔らかさが精神をリラックスさせる。
茶は木の幹や大地のような自然を感じさせ、気分を落ち着かせる色。バリエーションも豊富で
控えめな色なので他の色を引き立たせる脇役になることが多い。

色のイメージ プラスとマイナス 

    プラス   マイナス
 赤    情熱、活動的   危険、派手
 橙   陽気、快活   落ち着きがない、低俗 
 黄   明朗、躍動   軽率、情緒不安定
 緑   さわやかさ、平和     未熟、平凡
 紫   上品、優雅   孤独、不吉

【色はさまざまな働きをする】

色は心理的影響を与えるため、色には感情があるといわれます。もっとも代表的なものは暖色と寒色という
温度感です、暖色は暖かく感じられる色、寒色は冷たく感じられる色をいいます。暖色系は太陽や火を連想
させる赤、橙、黄などで、寒色系は水、氷などを暗示させる青、青緑、青紫などをさす。同じ室内の温度でも
ピンクのカーテンとブルーのカーテンではピンクの方が暖かく感じられます。 なかにはどちらとも言えない
色もあり、これらを中性色といい、緑や紫がこれにあたります。

【進出色と後退色】   

おなじ平面上にありながら、ある色は飛び出して見えます、これが進出色で、反対に後ろにさがって見える
色を後退色といいます。進出色は暖かい色で赤、橙、黄などで、後退色は冷たい色の青、青緑、青紫など

です。

【膨張色と収縮色】  

明るい色の服を着るとなんだか太ったように見え、黒っぽい服を着ると引き締まって見えるようなことで、
大きく膨張して見える色を膨張色、小さく収縮して見えるのを収縮色といい、色の明度によるものです。

【陽気な色と陰気な色】  

明度、彩度ともに高いと陽気な感じ、明度も彩度も低いと陰気な感じになります。色相でいうなら暖色系が
陽気な感じで、寒色系が陰気な感じといえます。

【興奮色と鎮静色】  

赤を効果的に使うと心拍数があがり、力が出るといわれます。赤みのある色相で明度、彩度ともに高い色は
興奮色といわれ、気持ちを静かに落ちつかせる色は青みのある色相で明度、彩度ともに低い色は鎮静色と
いわれています。

【派手な色と地味な色】  

彩度が高いと派手な感じ、彩度が低いと地味な感じになり、明度も少々影響し明度が高いと派手な感じで、
低いと地味な感じになります。

【重い色と軽い色】  ■ □

重い、軽いは明度で決まります。明度が高いと軽く感じ、低いと重く感じます。人が手で運ぶダンボール類は
ほとんどのものが明るく白っぽく作られている。

【強い色と弱い色 】  

強く感じる色は濃い目で鮮やかな色で、弱く感じる色は淡く濁った色でパステルカラーもこれにあたる。
色の強い弱いは明度と彩度で決まり、色相はあまり影響しません。

【柔らかい色と硬い色】  

パステルカラーや赤ちゃんのベビーウェアの色などは柔らかそうに感じます、反対に黒く塗られた鉄の門扉
は硬そうに見えます。明度が高い(明るい)と柔らかく、明度が低い(暗い)と硬そうに見えます
                                               

トップページに戻る   ここでは、日本工業規格、マンセル表色系、PCCS色彩体系を基準にした用語を使います