有機農法の、その先の世界へ・・・
無肥料栽培
無肥料栽培とは、化学肥料・農薬はもちろんのこと、有機肥料(堆肥、米ぬか、油粕、魚粕、腐葉土等を含む)を一切使用せず、土壌と作物そのものがもつ本来の偉力を発揮させることで作物を栽培する農法のことです。これからの農業がゆく、道しるべがあります。

  Sustainable agriculture and safety agricultural products

サイトポリシー・免責事項   お問い合わせ
 【ご注意】 この栽培方法は、もちろん無農薬です。放任農法ではありません。
         ※除草も、管理も十分に行います。 不耕起ではありません。耕します。
 contents   簡単に紹介モット詳しく研究機関による報告生産者紹介 | よくある質問

  これからの農業は・・・

儲ける農業から、喜ばれる農業へ

 まず農家に自覚していただきたいことは、「今の世の中を変えるのは農業である」ということです。

 本来の農業は、それだけの力を持っています。まずは「嬉しい、楽しい、有難い」という生き方になっていただきたい。これは全然難しいことではありません。あることに気づくだけでよいのです。

 農業の生産物のほとんどが水でできていることを思い出してください。例えば、きゅうりでは98%、トマトは95%、葉菜類に至っては99%ば水分といわれています。ですから、ある先生は「農業は水商売である」と表現されたくらいです。

ここで大事なのは、「水は記憶する」ということです(テレビ等で紹介されたことを覚えている方も多いと思います)。

 ですから、この生き方をしている農家さんの生産物を食すると、人の体も60〜70%が水分で構成されているので、口に入れた瞬間に同調し、食べた人も「嬉しい、楽しい、有難い」生き方になっていくのです。まさに人の心にまで働きかけてくるということです。

そして、身体によい作り方でできた作物は、人の身体を健康にして、上薬たる食べ物を証明します。これからは人によいもの、地球によいもの、どうしても必要なもの以外は淘汰されていく時代です。食べ物は人の心に働くものですから、生産者の方たちの心のレベルの高さも要求されます。

農業は最高の職業となります(藤野順弘)

(追記)消費者からいただいた言葉を紹介します。
「少し食べたら心に効いて、続けて食べたら身体に効きました。



Copyright©terra All rights reserved.
(本サイト内の文を無断で引用、転用することを禁じます)
URL  http://www.h3.dion.ne.jp/~muhi/
サイトポリシー・免責事項 




はじまりは・・・

〜病虫害に悩んだ有機農法〜


自然の姿に学び、

人として、

いかに自然と調和をもちながら

農業ができるのか・・・・

人と自然(地球)との関わりのなかで、

人の 心 と 行動が、

今、問われているのではないでしょうか。



  現在までのアクセスは   
since 2003.3.20  ありがとうございます!

Last update2013/9/24

 






・・・内容を総括した、すぐに読める参考文・・

1.今、話題の無肥料栽培とは?
「現代農業」(農文協)2005年9月発行・
土壌肥料特集より

2.肥料の貢献と、その未来  
「化学と工業」誌、日本化学会 発行、Vol.58-6 june 2005
CHEMISTRY & CHEMICAL INDUSTRY 
「特集・・・食糧と化学を考える」掲載記事・666-667


3.「これからの農業は・・・・」

 人の心と身体をつくる農業へ

 もっと詳しくは・・・・スリーエフ農法 公式サイト





トップページ簡単に紹介モット詳しく研究機関による報告生産者紹介厳選リンクお問い合わせよくある質問

Copyright©terra All rights reserved.
(本サイト内の文を無断で引用、転用することを禁じます)
URL  http://www.h3.dion.ne.jp/~muhi/

Sustainable agriculture and safety agricultural products