太鼓

新着
HOME 太鼓胴 リンク 問い合わせ 和太鼓工房



左より、大鼓、小鼓、締太鼓、締太鼓、平太鼓、2007・8・25


和太鼓

お祭りや盆踊りなど、日本文化に欠かすことの出来ない楽器 『和太鼓


近年、太鼓を愛好する人が増えています。
また、学校や福祉等の教育現場などで愛用され、
幅広く親しまれています。
日本伝統楽器である和太鼓を、一人でも多くの方々に親しんで頂けることを願っています。

私は自分で使う太鼓を買う余裕などありません、だから自分で作ってみようと自作太鼓に挑戦してみました。
一年ほど前から始め、割合簡単に出来たので、興味のある方は自作太鼓を作って見て下さい。


つづみ ムービーはこちら


自作  和太鼓
日記

2007・6・21
タイトルは日記などとカッコウ付けましたが、日記は三日ほどです。


締め太鼓革縫い目型板制作


錐は鉄鋼錐3ミリの反対側をグライダーで4つ目錐に研磨
鉄輪の外形36pですと、胴の外形25cm、革を起こす線25.5p、
内側27.5cm、外側31cmです。
ロープを通す穴10こ、内側の縫い目4つ、外側の縫い目5つで穴の所に3つです。
すべて波縫いで十分です。1日〜2日乾燥させてからロープを通す穴をあけます。1
0個の穴の部分は、直径3cmで鉄輪に当たらないように9mmの穴をインパクトドリ
ルにつけたポンチであけ、12oの木栓をします。そして裏の革を起こすのは、あま
り硬くならないうちにやってください。出来上がりが楽しみです。

2007・6・27
締め大鼓、大鼓、小鼓の胴完成


25p締め太鼓胴、小鼓胴、太鼓胴、完成
鼓胴は一応正規の寸法です、
この胴にリング革を付ければ完成です、
八木節の囃子では
つづみを手で打つのではなく
かねのばちのような細い竹の先に堅い木の
こまを付けたばちで打ちます、
これは大鼓、小鼓、で馬のひづめの音を出しているそうです。


2007・7・2

穴あけパンチ回転式
クジリ
縫い針
ポリエチレン糸
などホームセンターで買いました。
いよいよ革張の準備、
実際に革を張ろうと思うだけで分からない事だらけでなかなか大変そうです


中央のリングは
おおつづみ
こつづみ
リング革用のリング、6ミリ鉄筋で作りました



2007・7・4
タモの根っこ
三尺程度有りますので二尺七寸程度の大平太鼓胴が出来るかも?
上を切って45センチ程度に切ろうとしたが、雨が本降りになってきたので中止
はじめての原木からの胴制作


2007・7・12




2007/7/12
上記画像2枚は大平太鼓胴の自作進行状況です、
タモ材三尺二寸五分
仕上がり三尺程度



2007・7・5

締め太鼓革張準備、型板外周で裁断、外周より2センチ内側に60個の引っ張る穴、3ミリを開ける
穴の数は3の倍数の偶数が良い
穴に農作業で使うビニールひもを通して水にひたす



2007・7・7
水にふやけた革をリングに張る
この張かたは自己流なので間違っているかも?
革を足で踏んで2度3度とひもを締めていく



2007・7・9
縫い上げたらひもを通す穴、9ミリのパンチで穴を開け12ミリのアルミパイプを差し込んで乾くまで置く




革の色は綺麗とは言えないが、音はパリンパリンの最高の音だ、音と言え色つやと言え素晴らしい
締め太鼓になりそうな気がする。


2007・7・16

先日から作成中の大平太鼓胴の中抜き作業、朝から両面にドリルで穴あけ作業
250〜260回ぐらい外周の外に曲げ穴を開ける

中抜きが結構抜けない、ドリルを外に曲げ過ぎかな?

チインソーだけで仕上がりこれで完成
あと仕上げは乾燥してから半年後までに乾燥するでしょうか?
歌口90cm大平太鼓胴の荒取り完成



2007・7・17
締め太鼓リング作り

                リング制作用の鉄筋丸棒12ミリ、9ミリを鉄骨屋さんで購入四メートル2本1000円
締め太鼓用2、つづみ用大、小、4、計6個のリング作り
計算して長さを切った、円く曲げたが少し長かったので切断、計算どうりにはいかない、
溶接して、修整、出来上がり


錆止めにビニールテープをまいて、その上にさらにスパイラルチューブを巻いて、
午後5時に締め太鼓用リング皮縫い開始、7時に外周を縫い終わり、
飯を食って休憩、8時より9時過ぎまでで内側縫って、しめる紐の穴を9ミリを開け、12ミリのパイプを刺して終了


2007・7・18
つづみ用リング革縫い

革縫いは締め太鼓と同様、型板をあて印をつけ、した穴を開け糸をロウでしごき糸を締めやすいようにする
張糸を最初に一つ飛ばしに締め、2回目に残りを締めた、この締め方の方が一段と強く締まる

2007・7・25


三尺大平太鼓胴
の中より
2尺2寸胴制作

2007・8・15


第一号完成、おつづみ、締太鼓2個、まアーまアーの出来上がり、自分では最高のでき


2007・8・16


40センチ平太鼓
仮張り
16日朝から
型紙作り水につけて
あった皮を裁断
5時までに終了

小つづみリング革
18日朝から午前中に
2枚縫い終る

ボウルペンで
型紙の位置を


型紙半分だけ丸く
切って180度
回転させ
縫い目の
下穴をあける

槍先状にした
千枚とうし
で下穴をあけると
楽に縫います


平太鼓本張り
鋲打ち

平太鼓本張り
鋲打ち

長胴太鼓栓
一尺4寸
胴仕上げ

長胴太鼓仮張り

2007/9/1

40センチ平太鼓完成、薬品を使用しない糠なめし革なので真っ白にはなりませんが
革は非常に丈夫で、耳を残して、味わいのある太鼓に仕上がりました。



尺4長胴くり貫き
11月2〜3日
町文化祭に出品

平太鼓台
桜材使用

締太鼓台
栃材使用

台にセットした
平太鼓

皮をなめす道具
セン、ぬたどり包丁
ぬたどりカンナ

太鼓用生皮
自作なめし
太鼓皮糠なめしも
考え中
うまく出来たら
皆さんにお分け
したいと思います。
画像はクリックするとすべて大きくなります。

3尺大平大鼓桐
タモ高さ50センチ

3尺大平桐
塗装中

2尺大締桐
塗装中

尺3寸5分長桐
栓、本張り

黒毛和牛皮
自作なめし
完成

3尺大平太鼓仮張り
自作なめし皮

宮太鼓台部品

宮太鼓台組み立て

宮太鼓台完成

尺7ケヤキ
尺8栓

黒毛糠なめし皮
2400有効

栓尺8
欅尺7、2台
尺5、1台
南会津の太鼓胴

ロープ掛け16
7分太鼓鋲400本
自作4寸五分カン
3個
2tオイルジャッキ6個
画像はクリックすると大きくなります。

3尺大平太鼓用
四寸五分
2ミリ厚の鉄板に
2ミリ厚の真鍮板

カンは75ミリ
9ミリ丸棒

朝6時から作業始め
4時完成
大平太鼓の
本張りが出来ます
こだわりの菊花座金
材料は真鍮2ミリ

欅締太鼓胴
胴の左側は真っ黒
にカビで変色して
おりますが一皮むと
すばらしい木目
さすが南会津の欅です


ロープ掛け16
7分太鼓鋲400本
自作4寸五分カン
3個
2tオイルジャッキ6個

黒毛和牛雄革
2500〜2700
最近毛根に残る
色素を取り除く
ことが出来て
白い革ができるように成りました

締太鼓胴
荒型
乾燥の済
仕上げ納品
注文が有れば
仕上げます

中央の3個の
締太鼓胴の一番
右側、高さ尺1寸
5超掛けのリング
革でボルト締め
締太鼓を試作

欅、締太鼓胴8寸
5丁掛け
ボルト締め用
注文品です
25,000円

栓尺8寸
欅尺5、尺7、2個

大平太鼓タモくり抜き胴3尺
革、糠なめし自作
町文化祭に出品
太鼓台は5段階
高さ調節可能
両側柱なしでも
台になります。

大締太鼓タモくり抜き胴2尺1寸
革、糠なめし、自作
右三つ巴模様
リング革直径800
台は仮台です
画像はクリックすると
すべて、大きくなります。