ホーム
公開学習会等のご案内
袴田事件とは?
袴田巌さんプロフィール
袴田事件、救う会年表
ご支援のお願い
関連書籍
「救う会」について
公開学習会一覧

リンク
新しい情報-ブログ
キラキラ星通信


 2014年3月27日、再審開始決定が静岡地方裁判所(村山浩昭
裁判長)から出され、袴田巖さんは47年7ヶ月ぶりに東京拘置所
から釈放されました。しかし、不当にも静岡地方検察庁が東京高裁
に即時抗告してしまったため、再審開始が先延ばしにされている状
態です。
 袴田巖さんが再審完全無罪を得られるよう、みなさまのご協力を
お願いいたします。 

無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
   
189-0003
    東京都東村山市久米川町1-50-1-4-401
    門間気付 TEL&FAX: 042-394-4127
Eメールでのご連絡はこちらまで
hakamada_sukukai◎h2.dion.ne.jp
(◎をに置き換えてメールして下さい。
迷惑メール対策のため、ご協力をお願いします)
←袴田巌さんの再審に関する動き、救う会の署名活動のお知らせ、新聞報道などはブログでご紹介しています。ぜひご覧下さい。



     署名キャンペーンにご協力お願いします!

   署名キャンペーンはまだまだその役目を終えていません。
   再審完全無罪の日まで、みなさまのご協力をお願い致します。
   次回は、袴田巖さんの誕生日である3月を目処に東京高裁に
   提出する予定です。


    こちらから署名用紙をダウンロードできます。
    プリントアウトしてお使い下さい。

     「袴田巌さんの再審開始を求める請願書」  
        1人用   5人用 

    ご署名後は、ご面倒ですが、上記袴田巌さんを救う会に
    ご郵送ください。

イベントのお知らせ

         映画「BOX 袴田事件 命とは」

袴田事件を裁いた一審静岡地裁の主任裁判官・熊本典道氏と袴田巌さんについて描いた映画です。
無罪の心証を持ちながらも、死刑判決文を書かざるをえなかった熊本氏の苦悩を軸にしています。
高橋伴明監督作品。

☆DVD「BOX 袴田事件 命とは」が発売中です。
袴田巌さんを救う会でも取り扱っています。

※映画ですので、フィクションの部分もありますが、
袴田さんの取調べ、裁判についてはほぼ現実通り
と考えていいと思います。

制作者のご好意で、現在、英語字幕版が無料公開
されています。まだご覧になっていない方はどう
ぞこの機会にご覧下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=xh3DbyddD9g

           公開学習会(PART 10)
   「それでも、まだ私を有罪 死刑にしたいのですか」

☆6月24日(日)、カトリック清瀬教会で、公開学習会(PART10)が開かれました。講師は、一審静岡地裁で裁判官を務め、2月に公判当時から袴田巌さんは無罪だと思っていたと告白して社会に衝撃を与えた熊本典道さん。90名近い参加者で、会場となったお御堂はいっぱいになりました。熊本さんは、一審静岡地裁での公判の様子、なぜ無罪心証のまま死刑判決を書かざるを得なかったのかを淡々とお話になり、最後に「私の話を美談にしないで下さい」と会場に訴えかけると、会場からは拍手がわき上りました。時々見せる苦渋の表情が、袴田さんとはまた違った形で人生を狂わされてしまった、一人の裁判官の心情を垣間見せていました。
       ドキュメンタリー番組放映のお知らせ

       「悔恨〜袴田事件を裁いた男」
 テレビ朝日「テレメンタリー」
2007年5月7日深夜2時40分〜3時10分

「元プロボクサーの袴田巌、71歳。1966年、静岡県・旧清水市で一家4人が殺害された『袴田事件』の犯人とされながら、40年以上無実を叫び続けている死刑囚だ。しかし「袴田は無罪だ」と証言する人物が、今現れた。熊本典道氏。静岡地裁の袴田事件一審で、死刑判決を書いた元裁判官。裁判官は、退職後も審理内容を明かすことは禁じられている。それを承知で、熊本氏は無罪心証を告白した。裁判員制度導入を控え、誰もが人を裁く可能性がある現在、『裁判とは何か』について、袴田事件を題材に考える。」制作:SATV 静岡朝日テレビ 
(テレビ朝日ホームページhttp://www.tv-asahi.co.jp/telementary/より)

    1審死刑判決時の裁判官が衝撃の証言!
         
2月26日(月)報道ステーション(テレビ朝日)

 1審静岡地裁の裁判官だった熊本氏は当時29歳、袴田巌さんの無罪を主張したが、裁判長と他の裁判官が死刑を支持。合議制のため、死刑判決となった。しかも取り決めだからと熊本氏が死刑の判決文を書くことに。自分の子どもや親のことを思い出さない日はあっても、判決言い渡しの時の袴田さんの様子を思い出さない日はないという。1審判決の7ヶ月後、熊本氏は裁判官を辞めた。「袴田事件を一生背負っていかなければならない」と語った熊本氏は、袴田さんの再審請求にも協力する意向だという。                         

 
      袴田巌さんを支援する8団体で構成する実行委員会は、
      「袴田事件第2次再審請求の再審開始決定に対する
      時抗告の棄却を求める要請」の署名を集めています。

       こちらの署名にもご協力をお願い致します。

               5人用
舞台挨拶。右から高橋伴明監督、新井浩文さん、
萩原聖人さん、袴田秀子さん、熊本典道元裁判官、免田栄さん、夏井辰徳さん
ドキュメンタリー映画「袴田巖 夢の間の世の中」

 袴田巖さんに静岡地裁で再審開始決定が出され、巖さんが47年7ヶ月ぶりに獄中から釈放されたのが2014年3月27日。この映画は、金聖雄監督が5月から浜松に住む巖さんの元へ通い、巖さんとお姉さんの秀子さんを長時間撮影したフィルムを119分に切り取ったものです。東京のポレポレ東中野を皮切りに、全国で上映されています。自主上映の予約も始まっています。


<上映スケジュール>

最新の日程は映画のサイトでお確かめ下さい。
http://www.hakamada-movie.com/schedule/cinema/



      〜多摩地域巡回上映ツアー〜
         
ドキュメンタリー映画   
   
「袴田巖 夢の間の世の中」清瀬上映会


日 時 9月25日(日) 午後2時開演(開場1時45分)
会 場 アミューホール (清瀬市生涯学習センター多目的ホール)
    清瀬市元町1-2-11アミュービル内
    西武池袋線「清瀬」駅北口下車徒歩1分
ゲスト 平岡秀夫弁護士(元法務大臣)  
    金 聖雄監督
入場料 共通前売券 1300円
    当日一般 1500円 学生・障害者 1000円 高校生 500円
主 催 無実の死刑囚・袴田巌さんを救う会
    東村山市久米川町1-50-1-4-401 門間方
前売券注文 FAX 042-394-4127(もんま)
      hakamada_sukukai◎h2.dion.ne.jp
      (◎を@に置き換えてメールして下さい)