21世紀に日本で見られる皆既日食・金環日食
 21世紀中には、日本国内で皆既日食と金環日食が6回ずつ、合計12回おこります。下の表には日食のおこる年月日と、中心食の見えるおよその場所をあらわしました。あなたの町では、今世紀中に日食が見られますか?12回の中には、無人島でしか見られないものも含まれているので、注意してください。さて、あなたは何歳まで生きて、どの日食まで見ることができるでしょうか?
年 月 日 種 類 見  え  る  場  所
2009年 7月22日 皆既日食 奄美大島・屋久島・種子島・トカラ列島・硫黄島
2012年 5月21日 金環日食 南九州・南四国・南近畿・東海地方・関東地方
2030年 6月 1日 金環日食 北海道
2035年 9月 2日 皆既日食 能登・富山・長野・前橋・宇都宮・水戸
2041年10月25日 金環日食 北近畿・中部地方・伊豆諸島
2042年 4月20日 皆既日食 鳥島(伊豆小笠原諸島)
2063年 8月24日 皆既日食 青森県北部・北海道南部
2070年 4月11日 皆既日食 須美寿島(伊豆小笠原諸島)
2074年 1月27日 金環日食 鹿児島県南部・屋久島・種子島
2085年 6月22日 金環日食 沖縄島・大東島
2089年10月 4日 皆既日食 宮古島・尖閣諸島
2095年11月27日 金環日食 中国地方・四国地方・南近畿・小笠原諸島
  



21世紀前半に日本で見られる部分日食     
 2001年〜2050年の50年間に日本国内で見られる部分日食は、下のとおり全部で17回です。00年代、10年代には、それぞれ5回ずつ見られますが、20年代には1回しか見られません。これは、2035年の日本中部皆既日食の前の静けさでしょうか?規模は最大食分の割合が、だいたい25%未満を小規模、25〜75%を中規模、75%以上を大規模としました。なお、無人の離島でしか見えない部分日食は、除いています。
年 月 日 見  え  る  場  所 部分食の規模
2002年 6月11日 日本全国 中規模
2004年10月14日 日本全国(南西諸島をのぞく) 中規模
2007年 3月19日 北海道・中国・四国・九州地方 小規模
2009年 1月26日 宮古島・石垣島・西表島 小規模
2010年 1月15日 中部日本以西 中規模
2011年 6月 1日 北海道・東北地方 小規模
2016年 3月 9日 日本全国 中規模
2019年 1月 6日 日本全国 中規模
2019年12月26日 日本全国 中規模
2020年 6月21日 日本全国 大規模
2023年 4月20日 九州・四国地方 小規模
2031年 5月21日 南西諸島 小規模
2032年11月 3日 日本全国 中規模
2042年10月14日 鹿児島県・沖縄県 小規模
2046年 2月 5日 日本全国 小規模
2047年 1月26日 日本全国 中規模
2049年11月25日 日本全国 小規模


 もどる